韓国ニュースカイカイ。 韓国の反応 総合アンテナ

自分らが神のように崇拝している金委員長が敵国である日本の首相の面前で謝罪させたしまったと言うことだ。 「必ずしも日本側が提示した10人の安否不明者に限った、死亡したとされた人達に限ってのみ調査するとは思われない。 しかし、全く逆の結果になってしまった。 北朝鮮軍部は2002年9月17日の首脳会談以降の日本国内での反北朝鮮世論の高まりや日本国民の北朝鮮を見る視覚が大変、極限的な状況になってしまったことを問題視している。 小室さんが少し前にお言葉などを発表されていましたが、ないような彼の保身的な内容ばかりでガッカリしました。 韓国のイム・ソンジェ選手が昨年マスターズで準優勝していたが、同紙は「松山はイム・ソンジェを超え、アジア最高の成績を更新した」と紹介していた。 これにより、拉致問題の進展が期待されているが、北朝鮮は今度こそ、真相を明らかにするのだろうか? 拉致を認めれば、おそらく日本が感謝し、朝日関係が前進すると思ったからだ。 北朝鮮は二度目の小泉訪朝の際なぜ「ゼロ回答」だったのか! スウェーデンのストックホルムで行われた日朝政府間協議(2014年5月29日)で北朝鮮は拉致被害者の再調査に応じることに同意した。 ゴルファーの松山英樹選手が海外男子メジャーのマスターズで優勝したことは韓国でもスポーツ紙だけでなく、一般紙さらには経済紙でも大きく報じられ、一躍話題となっている。 だから、日本政府も知恵を働かせて解決する必要がある。
43
労働党、国家安全保衛部、軍部、これは金正日政権を支える守護勢力、基本集団だ。 「毎日経済」は「松山英樹(日本)がシーズン初のメジャー大会マスターズトーナメントで優勝し、世界ランキングを25位から14位に引き上げた。 というのも、死亡したと発表した人達を出すことは、北朝鮮としては困る。 1934年に始まったマスターズでアジア国籍の選手が優勝したのは今回が初めてである。 但し、再調査したら、発表してなかった別の人物が出てくる可能性はある。 どこにも負荷のないクリーンなエネルギーなど虫の良い話ありません。 スポーツ紙では「京郷新聞」系の 「スポーツ京郷」が「メジャー挑戦89年目に日本男子ゴルフの宿願を果たした松山」の見出しを、有力大手紙「東亜日報」系のスポーツ紙 「スポーツ東亜」が「アジアゴルフの歴史を変えた松山 『ゴルフ皇帝』のウッズも祝賀」の見出しを掲げ、優勝の一報を伝えていた。 いつまで経っても宙ぶらりんな立場の眞子さまがいつも気の毒でたまりません。
92
但し、金委員長が日本の首相に対面して、拉致問題や工作を認め、遺憾を表明したことに羞恥心を感じている 学校で数年間日本語を教えていれば、多数の人に顔を知られ、学校のすべての流れや状況も把握できる
仮に生存者として一人、あるいは二人返した場合、日本側は残りの人も生存していると言うのは間違いない 特に軽視できないのは、拉致問題の対応への軍部の不満だ
土石流はこれからも増え続けるでしょう そこで働いている人達を容易には認められないと思う
誰だって愛する家族には幸せでいて欲しいものです 小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが、その年の11月に通告された調査結果は「ゼロ回答」だった
「国民日報」は「アジア選手最初のマスターズ優勝は松山英樹が勝ち取った」として「マスターズの象徴であるグリーンジャケットを着た松山はアジア国籍選手として最初のマスターズ優勝という業績を成し遂げた」とその偉業を讃えた いつまで経っても宙ぶらりんな立場の眞子さまがいつも気の毒でたまりません
96