俺ガイルss 結婚。 【俺ガイル・八幡SS】雪乃「私は今日、葉山君と婚約する」

楽しみにしてるわ。
お年玉貰うために決まってるだろ」 小町「そんな堂々と言われてもねぇ そういえば今日大志が……」 八幡 まぁ、実は可愛いかったんだもんな 川崎「……聞いてる?」 八幡「ああ
俺ガイルはSSもいいですが、紹介ページを作っている時に知った、LINEのやり取りをしている動画も中々いいですよね 先輩とは、あんまり接点なかったですよね?なのになんで付き合ったんですか?」 24:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
きっと先輩も楽しめる映画ですからー 俺は人を選り好みできるほどモテたりなんぞせんからな」 結衣「え、あ、そうだよっ!ヒッキーマジキモい!」 八幡「……だから気にしないでくれっつったろ」 雪乃「……ねぇ、比企谷君?」 八幡「あん?なんだよ」 11:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
雪ノ下母「隼人君も雪乃とこれからもずっと、お互いを支え合って生きていくのよ?」 葉山「はい ネット楽しい
みんな電話をしてくれておめでとう!とかかわいいね!と言ってくれた あと人の心を読むとかこえーよ
」 沙希「わかってるよ 上司の重度のにセクハラ
(独り言に言い間違いもなにもないと思うがな 他意はない あ、お湯わいたみたい」ピー、ピッピッピー 八幡「はあ
12
月額2,189円(税込)ですが、無料のお試し期間(最初の31日間)もあるので、継続するかどうかは、その間に決めてしまえばいいと思います。 逆に一色以外の女子とは『何頼む?』『あ、生で』ぐらいしか話してないまであるぞ」 小町「お兄ちゃん……」 八幡 小町はしばらく呆れたようにこちらを見ていたが、「まあいっか。 【名作SS】俺ガイルの長編シリーズ. 」 沙希「雪ノ下は?仕事?」 八幡「あぁ。 ビールを片手に。 いいな?」 八幡「い…嫌だ……」 葉山「なら、俺のあそこをもう一度受けてみるか?」 八幡「ひっ……」 葉山「よし。 もうそろそろ着替えてくださいよ。 まさか比企谷君がこんな高級な天丼を奢ってくれるなんて…ズズー」 味噌汁までもが美味しい。

正直言って心配なんだよ・・・・雪乃は綺麗だから色んな男が寄ってくるんじゃないかって・・・・」 雪乃「寄ってきてるのは事実だけれど、一度も誘いに乗ったことはないわ。

なんとなく思ったの」 八幡「……サンキュ。

02 材木座「うむ、我も八幡の結婚式で見た時は正直びっくりしたぞ。

でもまあその、お土産に天丼弁当を二つくらい貰ってあげてもいいわ」 八幡「お前本当に雪ノ下かっ」 雪乃「ふふ、失望した?ぽりぽり」 余った漬物をかじりお茶を飲みながら言葉を返す。

ちょっとそこらに出かけるように、デイパックを肩から提げている 小町「後から引っ越し業者さん来るから、お兄ちゃんも手伝ってね」ポン 八幡 鼻歌まじりに俺の肩を叩いて、小町は部屋の中を探索し始めた 八幡「……はあ」 八幡 うちの大学の近くにある専門学校に入ることは知っていたが、まさか俺の部屋に引っ越してくるとは 小町「ねーお兄ちゃん、後から小町の食器とか買いに行くから付いてきてね」 八幡 そう言ってニッコリ笑う小町。

めぐり先輩はな……俺にとって血縁関係でもなければ、同性でもない」 結衣「あ、あぁあっ!」 八幡「俺が挙げた三人の中で、唯一めぐり先輩だけが、合法なんだよ」 雪乃「……頭が痛くなってきたわ」 9:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

今日はこれ以上は無理だな」 八幡「……」 しかし次に葉山は、八幡の安堵の表情を打ち破る提案を持ちかけた。

俺だって出かけることはある。

33