毛布 洗濯。 自宅で毛布洗濯する方法。洗う頻度や洗濯機が使えない場合の対処法も

再び浴槽に水と柔軟剤を入れ、まんべんなく毛布全体になじませます。 ポリエステル ポリエステル製の毛布やタオルケットも丸洗いが可能です。 手順と気を付けたいポイントを紹介します。 洗濯機を回すためにはコインが必要なので お金は小銭で持って行くことが大事です。 室内用物干しがないときは、椅子などの家具を代用しても 乾かすときは、最後まできっちり乾かしきることが重要です。 まずは洗濯表示を確認 まずは、毛布に付いている洗濯表示を見て、自宅で洗濯が可能かを確認することが大切です。
1
家庭用の洗濯機ではなかなか難しいという場合も、お風呂場で洗ったり、コインランドリー、ドライクリーニングを利用するという手もあります。 あらかじめ早めに毛布をクリーニングに出せるように準備しておきましょう。 普段は布団を干すのと同様に日陰で風を当てて、湿気を飛ばすぐらいで十分です。 洗濯コースは「毛布コース」「弱水流」「ソフト洗い」なを選びます。 干すときには、物干しざおを2本使ってM字型に干すようにすると乾きが早くなります。 綿毛布の洗濯は洗濯機を使うと、手間も時間も節約できて非常に便利です。 毛布を真空パックで収納する場合は防虫剤NG 毛布のボリュームが大きい分に真空パックを利用した収納が多いかもしれませんが、ダニ予防のための 防虫剤を一緒に入れた保管は絶対にしてはいけません。 カシミヤ毛布もランクがあり、高額なカシミヤ毛布は50万円以上、安価なもので2〜3万円とかなり値段幅があります。 ブラシを使って軽く叩いたり、ホコリを落としたりしましょう。 ウォッシャブルタイプなら自宅での洗濯も可能ですが、難しいのは脱水と乾燥です。
61