ボーイング 777。 ボーイング777

なお、エミレーツ航空には100機目の777-300ER(機体番号:A6-ENV)も受領しており 、596機のうち約4分の1にあたる150機は同社で運航していることになる。

そして、2004年ごろからの原油価格高騰で4発機を敬遠する航空会社が増える状況下より重宝される存在となっており、かつて多くの747-400を運航していた日本航空やシンガポール航空は777を主力機とする一方、老朽化の進む747-400を退役させた。

以前は747在来型国際線仕様や747-400国際線仕様で同様の運航をしていたが、の乗り入れ規制によって777-300ERに変更した。

運航中以外に発生した死亡事故としては、2001年9月5日、で、給油中だったの同型機から給油ホースが突如脱落し、漏れた燃料に引火して発生した火災により火傷を負った係員が死亡した事例が初である。

最大航続距離は5,955海里(11,029 km)。

2021年4月5日閲覧。

ブリティッシュ・エアウェイズ• 最大航続距離は7,880海里(14,594 km)。

仕様 [ ] 項目\機種 777-200 777-200ER 777-200LR 777F 777-300 777-300ER 777-8 777-9 全長 63. JAL(日本航空)は、レシプロ機時代からP&W社との信頼関係があり、かつ整備手順の関係も深いといった理由からか、GE社の「CF6」を採用した747-400型機のデビュー(1989年)まで、P&W社のエンジンを非常に好んで使っていた傾向があります。

777-300は、「ジャンボジェット」こと747シリーズのように4発エンジンの2階建てではないにもかかわらず、2020年現在JALでは500席、ANAでは514席を配しています。

日本の旅客機2007-2008(2007年、、)• 2017年時点で1400機以上が生産・納入されたベストセラー機となっている。

2019年10月31日閲覧。

83
「ワーキング・トゥギャザー」と呼ぶ設計方式で、後に登場するボーイング787型機にもこの方式が引き継がれています。 パプアニューギニアの事故調査委員会の最終報告書によると、乗客34人と乗組員12人が地元のボートとアメリカ海軍のダイバーによって救助されたが、乗客6人が重傷を負った。 A350-1000が登場するまで、エアバスは777-300ERの真のライバル機を持っていなかった。 総生産機数は60機で、そのうちの14機が日本の航空会社に導入された(日本航空・全日本空輸ともに7機)。 1機は、1機は、5機はスクラップ、残りの10機はストア中• つまり、ドアの数を数えれば、-200と-300が識別できる。 日本では1999年から全日本空輸が導入を始め、2002年からは日本航空でも導入された。