ヤマト 運輸 作業 店 通過。 荷物問い合わせシステムに表示される「配達状況」は、どういう意味でしょうか?

伝票の右上に1234-5678-9012と番号が書かれていますね。

また、応募した業種が運送アシストだったので、体力をアピールできるようなエピソードを前もって用意しておきました。

これは何らかの理由で配達が途中で止まってしまっているということです。

厚木ゲートウェイベースを「作業店通過」となった荷物が、次に通過するクロネコヤマトのセンターは配達先を管轄するベース店です。

期間:平成29年12月28日(木)~平成30年1月8日(月) お問い合わせは、弊社サービスセンターまでお願いいたします。

厚木ゲートウェイベースは普通のヤマト運輸営業所とは違い、荷物を受け取れるような窓口はないため、通過した荷物を受け取ったり、荷物の受け取り場所として指定したりすることはできません。

つまり配達状況「作業店通過」とは、 配達中の荷物が通過したベース店を意味しており、下記の表のように配達状況「作業店通過」の右側に表示されている日付が通過した日、時刻が通過した時刻、担当店名が通過したベース店を表しています。

80
ちなみに、2017年の年末~2018年年始も遅延のお知らせが出ています。 再配達の申し込み方法は? 留守にしていて荷物が受け取れなかった場合は、再配達を申し込むことになりますね。 年末年始など忙しい時期は遅れることもあるので、そこは多少寛大な心で受け止められたらと思う面もあります。 配達先を担当するセンターやベースごとに、荷物を仕分ける仕事で、作業自体は単純ですが、重い荷物も多いので体力勝負です。 出来そうですか? A. 配達地域のベース店に送られた後は配達を担当する配達店に到着し、各担当エリアごとの車に分けて積まれ、最終的にヤマト運輸のドライバーさんが荷物を配達する流れとなっています。 大学時代は富士登山をした経験がある。 もしくは、最寄りのヤマトの営業所に電話してみましょう。
63