ペチュニア 挿し 芽。 ペチュニアの切り戻し時期と方法!挿し芽で増やす方法は?

このときに小さな芽まで切ってしまわないように注意することが大切です。

その枝を土に挿します。

これも挿し木の方法です。

作った挿し芽の管理方法 挿し芽をしたあとは水をやり、 2~3日間は日陰で管理します。

発芽温度は20度から25度。

挿し穂には、元気のよいペチュニアを使います。

ニ、三週間経過してもしおれずに緑の葉っぱで直立したままだったら、だいたいは成功している。

育苗箱などの用土は、 前もって用土の表面を水でぬらしておくと、用土が崩れず挿し穂も倒れずに上手に挿せます。

ただ屋外で冬越し出来るのは、 関東より暖かい地方のみです。

98
[ 梅雨期、9月以外に適する植物例] 2〜3月 イチヂク、コデマリ、サルスベリ、モミジ、フジなどの落葉樹。 このとき 断面を傷付けないように、 予め菜箸などの棒で 土に穴を開けてやって下さい。 挿し芽用に用意しておいた鉢に挿し木用の土を入れて、挿し穂(剪定して水につけていたペチュニアの枝)を土に挿します。 カリブラコアは水揚げした方がいい。 雨の日は切り口から雑菌が入りやすいといわれています。 ペチュニアは、梅雨の前と、そのあとも何度か切り戻しをするので、剪定した枝を利用して挿し芽にするのもよいと思います。 切り口が傷んで黒くなっているので鋭利な刃物で切り直し、メネデールを薄めた水で水揚げ。 ペチュニアは、乾燥にはやや強く、春と秋は毎日水を与えなくても大丈夫です。 一度、使用した後のポットを使うのも、あまりよろしくありません。
45