感動 する 話 まとめ。 『最後の声』など短編5話【40】

実はウチの夫婦は以前から問題を抱えておりまして、離婚しようかとかそんな話にまでなってたのだ。

64

そのチャーシューを捲ると麺がまだ沢山余ってた。

母さん、死んじゃった。

おとうさんのガンがなおるくすりをください!おねがいします!」 私と夫はまず、普通の粉薬に 「ガンがなおるおくすり」 と書いたものを用意。

トイレに行ってしばらく休んで口をゆすいだりした後、教室に戻ったらゲロはそのまま。

母と見上げた初めての花火。

母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。

先日、駅で偶然にも再会したんです。

それでも、向かうことが出来るのは、オレがこの仕事に「情熱」を持っているからだ。

俺は「何委員だか知らないけど忙しいのかな?」なんて思っていた。

14

【30代 女性】 嘘で別れた初恋の人 私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれていました。

3年経ったいまも、愛していると言えなかった後悔で、心がまだキリリと痛むことがあります。

その事が頭から離れません。

彼の優しさを少し恨みつつ、この胸の痛みは一生抱えて生きていくのでしょう。

ようやく夕方無事、女の子が産まれました。

ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。

父と泣いて読んだ。

皆さん。

私の幼い記憶の中で、トイレに行く時はいつもゴリラが襲ってくると思い込み、怖がっていました(笑) なぜゴリラなのかは分かりませんが。

1