トランスファー オイル と は。 ジムニー(JB23W)のデフ・トランスファーオイルの交換(2回目)

スズキ アルトワークスを華麗にカスタム!by トッチー (2020/03/12)

(TM、TFも同じ) トランスミッションオイル グレード スズキ4輪ギヤオイル 75W-80 GL-4(MT車) 規定量 1. オイルシールのリップ部にはグリスを塗って取付けるようになっています。 取り付けボルトを緩めてメンバーをちょっと下げればプロペラシャフトを抜くことが出来ます。 FF車はトランスミッション内に含まれます。 。 中の黒ぽいのはペンキの塊。 注入口からあふれるところまで入れればちょうど規定量になります。 中の黒ぽいのはペンキの塊。

>

スズキ アルトワークスを華麗にカスタム!by トッチー (2020/03/12)

チェーン駆動は、ギア駆動と比べると軽量となっており、小型トラックや(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)車に使われています。 トランスミッションオイルも交換する予定だったのだが、想像以上に綺麗だったので見送った。 トランスファーを切り替えることができるスイッチがダッシュボードに内蔵されていたり、MT用のシフトノブに切り替えるためのスイッチがついていたりします。 しかしガソリンエンジンの整備手帳はあったのですがディーゼルエンジンのはありません。 (なんとなく難しい言葉を使いたくなった。 ギア駆動とは、フロントとリアにあるに駆動力を伝えるという構造です。

>

パジェロミニ・トランスファーオイルシール交換

) あとからペンキを塗って回り止めとればいい。 普通のリチウムグリスでいいようですが、適当なのがなかったのでゴムに優しいシリコングリスを塗っておきました。 乗っているだけでわくわくする車なので、毎日運転するのが楽しいです。 ドレンプラグの汚れの様子。 そして次はトランスファーオイル。 ご理解の程お願いいたします。

>

自動車で、トランスファーオイル、ディファレンシャルオイルの違いがわかりませ...

それが分かったので、トランスミッションのオイル交換は止めにした。 ペンキで固まってしまったようだ。 作業内容自体は簡単で何も面倒なことはない。 破損を避けるために、オイルは定期的に交換してメンテナンスしましょう。 9L です。 オイルの補給はオイルジョッキで上から注ぐことは出来ないので、シリンジなどで圧入してやる必要がある。 両方共に液状ガスケットを塗布しているのみ。

>

自動車で、トランスファーオイル、ディファレンシャルオイルの違いがわかりませ...

からあげです。 1L 交換時期 40,000km毎 フロントデフオイルの交換 今回のギヤオイル交換に必要な工具、 10mmドレンプラグソケットをラチェットハンドルに装着する。 デフオイルは同じ形状なので大変参考になりました。 フランジ付ジョイントでオイルシールを打ち込みます。 オイルシールのリップ部にはグリスを塗って取付けるようになっています。 (なんとなく難しい言葉を使いたくなった。

>

ジムニー(JB23W)のデフ・トランスファーオイルの交換(2回目)

ThreeBond1215 液状ガスケット灰色 内容量は250g 黄金色の新油。 少し成長したことが分かって嬉しくなった。 過度な締め付けはネジ山を傷める恐れがある。 受け皿の中の廃油。 作業の感想 やっているうちに分かったことだが、今回のオイル交換は不要だった。 その時プロペラシャフトの差し込み部分にはギヤオイルを塗ってから差し込みます。

>

スズキ アルトワークスを華麗にカスタム!by トッチー (2020/03/12)

これだけだと足りないので、親父の要らない衣類を詰め込んだ。 取り扱い説明書記載のサービスデータ デファレンシャルオイル グレード スズキ4輪スーパーギヤオイル 80W-90 GL-5 規定量 フロント 1. これはプロペラシャフトのオイルシールが劣化してそこから漏れているようです。 これまで散々着ていたボロ切れのような下着をついでに捨てる。 ギア駆動とは、フロントとリアにあるに駆動力を伝えるという構造です。 受け皿の中の廃油。

>