謝る 英語。 ビジネスメールで謝罪する際の正しい英語の使い方はSorryで大丈夫?

ぜひこの機会に 「ごめんなさい」を使い分けてみてくださいね。

それぞれのレベル感に合わせて、ちょうど良い表現をまねて使ってみましょう。

」 は、謝罪の意味としても使えますし、相手に許可を求める時にも使われます。

念のためアメリカ人夫に確認してもらったので、正しい英文です。

(ご不便おかけしてすみません)と、やや気軽に言うこともできます。

ご理解いただきありがとうございます」 重大なミスがあった場合には謝罪の言葉を使うのが適当ですが、お客さんを待たせた場合の「すみません」には、待ってくれたことに対して感謝を表すことが多いです。

42

I [We] regret the damaged package. やOhと一緒に使うことで、深刻ではないニュアンスになります。

それを聞いて残念です。

(私たちの間違いです) お店の責任ではないかもしれないけれど、何か手違いにより問題が起こった、というときの言い方が There was an error. この度はご不便をおかけして大変申し訳ございません。

サービスにクレームが出たりした際の正式な謝り方が、apologize 謝罪する という動詞を使った I apologize for that. このように、日本と海外の「謝る」ことの感覚にズレがあることを踏まえて、相手や場面に合わせて伝え方を変えることが非常に重要です。

例文)Forgive me for what I've done. I apologize for being late. ただし、「apologize」を使用する場合は、「so」「very」「terribly」は使えないので注意が必要です。

62