元谷友貴 高校。 元谷友貴が修斗王者岡田遼に3-0判定勝ち、最終3回に前に出て勝負

修斗で活躍する岡田は現在、同世界バンタム級王者として君臨し、満を持してRIZINマットに殴り込みをかける。

元谷友貴選手の戦績!2017年4月16日 堀口恭司選手と対戦し、『判定3-0』で敗北。

元谷選手の魅力は、由久美さんいわく、 『中途半端にしない』ことが魅力的な部分といいます。

今回のDEEP対修斗で、ここはしっかりDEEPが勝ちたいと思う」と、強く意気込んだ。

大相撲 [7月14日 18:45]• おまえたち自身で優位に立てる野球を確立しよう」 和田友貴彦と背尾伊洋の2枚看板に井上大と萩原誠を中心とした強力打線。

元谷については「ムラがあるというイメージ」と明かした。

出身地:石川県• 2-1』で勝利。

同会場での格闘技は18年ぶり。

また元谷と同じく昨年のRIZINが無念の結果に終わった長谷川賢(元DEEPメガトン級王者/フリー)はDEEPウェルター級(77. 元谷友貴さんの勝利に期待しましょう!. イーファイト• DEEP最年少となる22歳での王座獲得に成功した。

2
「きめが強い。 2012年3月25日、DEEPフライ級王者決定トーナメントに出場し、決勝まで駒を進め、木部亮選手を18でKOし、22歳で初代DEEP王座を奪取しました。 その後、シュートボクセ・アカデミー所属の対戦相手だったフェリペ・エフラインやアラン・ナシメントの縁から、へ武者修行。 今大会がDEEP初参戦となる第3代修斗環太平洋ミドル級王者・佐藤洋一郎(macaco jiujitu academy)と1回戦を争った。 元谷は、ここ5戦は4勝(3一本)1敗の戦績。 元谷友貴選手の戦績!2016年12月29日 再びアラン・ナシメント選手と対戦し、『判定. (元谷は)この階級だったら日本を代表する選手。 DEEP後楽園大会では、実に3年4カ月ぶりとなるケージに入った2人は、まず打撃戦から試合をスタート。 監督の長澤和雄は、そんな奔放なチームを上から押さえつけることはしなかった。 【松熊洋介】. 淡々と語る表情にも自信がうかがえる。 地方での練習では東京での練習と比較するとハンデがあるように見え、練習相手に物足りなさを感じることもあると言いますが、元谷友貴選手はそんなことものともしないようです。
58