足浴 看護。 足浴の目的・効果・手順|高齢者の介護に取り入れる理由とは?

爪の状態・色・白癬(せん)がないか 2-2-3.手順 足浴は患者とのコミュニケーションが大切です。

下肢浮腫による循環障害の改善 足浴ケアの方法と手順、必要物品 足浴の必要物品 ベースン、防水シーツ、新聞、バスタオル、石鹸や沐浴剤、タオルケット、水温計、爪切り、汚水用バケツ、ワゴン、ピッチャー、かけ温湯をいれたもの、まくら、ローション、ガーゼ 方法と手順 手順 根拠や留意点など 【準備】 1. 看護師の看護技術・知識が磨かれることで、よりレベルの高いケアを患者様に提供することが可能になります。

こすりすぎないよう注意し、丁寧に扱うようにする。

下腿から足部を温めることで、足先に溜まった老廃物を流すなど 血行の循環を向上させる効果があります。

1.足浴看護について 看護の現場における足浴について説明します。

・お湯で洗い流す ビニール袋をはずすときにぬぐいとれていればお湯は少量でよい ホットタオルしかないときは数回、石鹸成分が残らないようにふき取る。

浮腫の有無や発赤がないか爪の状態はどのようであるかを足浴中にしっかり観察しておきましょう。

泡がゆるいようならボディソープを追加しかたい泡を作成する。

しかし、看護師が行うことによって細かい観察ができることから、アセスメントに役立つというメリットがあるのです。

未滅菌手袋、プラスチックエプロンを外し手指衛生を行う• 14.必要に応じて、爪を切る。

34
床に新聞紙を敷き、その上に汚水用のバケツを置きます 患者の姿勢を確認する• 片麻痺などがある場合は、クッションや背もたれのある椅子などを用いて、体位を安定させること
足浴中の表情や訴えに気を配る お休みの前に行うと、安眠効果も期待できます
15、 膝と寝衣を元に戻します 4、バイタルサインを測定し、足浴可能な状態であるかを観察する
バイタルサインを確認• 1、座位で行う際も、寝たまま行う際も足を固定するために、ひざ下にタオルや布団などを入れて足を固定する こうすることでもう片方の足をすすいでいる間、足先が冷たくなりません
4-2、浮腫の軽減 観察して得た情報をもとに、浮腫の軽減に努めていきます 体の末端ということもあり、なかなかじっくりと見る機会が少ない部位ですが、足浴の際は被介護者の足をじっくり観察できるチャンスです
体力が落ちた高齢者も気軽に入浴ができるため、老人ホームでも取り入れられています 足浴は足部の清潔の保持と爽快感を得ることができ、温熱刺激による血流の促進• 室温を調整し、必要時には窓を閉め、スクリーンやカーテンを使用する
昼間の気温の高い時間帯やお昼寝前などに行うと、被介護者の体にかかる負担を小さくすることができます 主な効果としては、「血流の促進」「清潔保持」「リラクゼーション」の3つが挙げられます
お湯につける時間は10分を最大とする ・足浴の適応としては、病状や障害、身体制限にもより、入浴やシャワー浴ができない患者さん
ナースの疑問(?|ハテナ)を解決するQAサイトであるため、「?」と「ナース」を掛け合わせ、「ハテナース」というサイト名にしました 日ごろから足元に注意してよく観察し、清潔にしておくことが大切ですが、高齢者自身は視力の低下や足先まで手が届かないこと、関心がないことから、足や爪のお手入れがおろそかになり、問題が悪化してしまう傾向にあります
まず準備したバケツ(お湯)に足を3〜5分ほどつけておき、その間にスタッフはビニールエプロンと手袋を着用します 患者の負担を最小限に抑えられるよう、浮腫について学び、しっかりとアセスメントしていきましょう
98