発達 障害 同僚 やめて ほしい。 配慮は大切「でも終わりがない」発達障害と就労、疲弊する職場の現実

私は28歳まで、とても「生きづらさ」を感じて生きていました。

「自分」という人間がどういう人間かわからず、 いつも生きている心地がしない お客様からはそれなりに評価され、やりがいをもって仕事をできていました
あいまいはNG!具体的な指示を出す• 適性を考えずに仕事を振ってしまうと、ミスが起こりやすくなって周りに迷惑がかかるうえに、本人も自信を喪失して仕事へのモチベーションが下がってしまいます 自閉症スペクトラムのこうした特性は、周囲にはどうしても我がままに見えてしまうため、もめ事やいざこざに発展してしまうケースもあるでしょう
それゆえに、「発達障害」であっても子どもの頃に見逃され、適切なサポートを受けないまま大人になってしまった例も少なくありません 発達障害の方を雇用するかどうかを決めるのは会社です
凹む必要はありません しかし今年の2月に転職した職場で、自分があまりに業務を理解できない(先輩の言っている意味が理解できない、何回も教わったことをすぐに忘れる(教わったことすら記憶にないレベル)、細かい気遣いがまったくできない、理解できない、習ったことを応用しての業務が全くできない)ことに不安を感じ、心療内科を受診しました
コピーを頼めばサイズが違う 発達障害について理解し配慮することが大切 「発達障害」は極めて個性的で極端な性格の持ち主とも言えます
90

でも嫌われると思う。

「もう限界です。

今年3月には、介護施設向けのサービス事業を手がけるMCSハートフル(さいたま市北区)に、契約社員として就職しました。

・人の話に関心を示さず、自己流で物事を進める傾向がある。

そのため、上記のようなことに当てはまる人の全てが「発達障害」というわけではありません。

また対人関係でも、人の話を聞いていなかったり、人が話している最中に割り込んでしまったりするので、周囲から煙たがられてしまうこともよくあります。