小田急 ダイヤ 改正。 小田急ダイヤ資料室

誤植の箇所はバスの時刻表部分で15箇所以上とされていますが、本当の理由は17ページ「特集パスネット誕生!」で京急本線、京急空港線、京急大師線をそれぞれ「東急本線」「東急空港線」「東急大師線」と誤植した点にあると言われています。

時刻は箱根登山鉄道 ケーブル線を含む と営団千代田線は全駅全列車を小田急線のページで収録、江ノ電、東海道・山陽・東北・上越新幹線、東海道線・伊東線・伊豆急行線、中央本線 普通列車は高尾以西のみ 、横浜線、相模線、御殿場線も全駅全列車を他社線のページで収録。

江ノ島線の最終列車は、片瀬江ノ島行が相模大野駅0時17分発 土休日0時18分発 、大和行が相模大野駅0時26分発。

[発行元]小田急電鉄株式会社旅客サービス部• 他社線では2000年12月開業の都営大江戸線新宿駅の時刻表が登場し、中央本線の時刻表が削除されています。

箱根湯本との直通がこの1年前に始まりました。

小田急時刻表(1994ダイヤ改正号)• 快速急行を多摩線でも運行させ、準急の停車駅が増えるなど、多くの施策を取り入れた 表紙のデザインに変化が見られる程度で、前号と比較して変更点の少ない時刻表ですが、定価は100円値上げの720円になりました
[定価]620円(本体602円) 創刊号でもダイヤ改正号でもない小田急時刻表はこの号だけです この改正案では、全体としてより速達化を図っています
しかしそれでも小田急多摩線は赤字路線です [発行]1997年7月23日• また、一部系統につきましては、1月29日にリリースのとおり 新百合ヶ丘駅の乗場変更を併せて実施いたします
夕方・夜間の通勤時間帯では39本増発する (2)一部の始発列車の繰り下げ 発車時刻が変更となる主な始発列車は以下のとおりです
多摩線直通の急行はダイヤ改正後、平日深夜の新宿発唐木田行と、土休日の13~16時頃に新百合ヶ丘駅に停車する列車において種別変更が行われ、多摩線内は各駅停車として運転される 多摩線直通の急行は土休日も新百合ヶ丘駅を13時から16時8分までに発着する列車で種別変更を行い、多摩線内は各駅停車で運転 [定価]650円(本体619円) 湘南急行の運転時間拡大と増発、多摩急行の増発、多摩線や新宿・向ヶ丘遊園間や江ノ島線の普通列車増発に、小田原線や江ノ島線での大増結で普通列車の輸送力増強が図られた、2003年3月29日ダイヤ改正時刻を収録しています
ダイヤ改正後の新宿駅8時20分発・11時20分発の「はこね」は、展望席を有するGSE 7両編成、定員400名 またはVSE 10両編成、定員358名 で運転 14です
[発行元]交通新聞社• [発行元]小田急電鉄株式会社運輸部企画課• 3.都心方面へのダイレクトアクセス 江ノ島線、多摩線の新宿への直通運転を増発しています JR時刻表の弘済出版社が編集協力に名を連ねています
見て分かるとおりとてもシンプル 向ヶ丘遊園は、登戸で必ず緩急接続を行い新宿方面の利便性を確保しました
50 36