薬師丸 ひろ子 ヌード。 野蛮人のように

80

の売上はデビューからベストテンにランクインしていたが、同月、ついに1位となった。

体調不良で医者に運動をするように言われた時、高倉健から勧められ同じジムに入った。

人前に出るのが極度に苦手だった。

また、作曲家が書いた音符の一つ一つに、こだわりがあることを知っているので、自分流にアレンジして歌うことはせず、楽譜に忠実でいたいと思っている。

「ゴミ」「クズ」「ガキ」と罵声を浴びることもあった。

編集 - 高島健一• 木皿泉から見た薬師丸評は「SF風の意味不明なセリフでも、ものすごくリアルに言うことができる」「非常にぶっ飛んだセリフを書いても安心できる」 、「消費されない存在感のある女優」。

30代半ば、女優を続けて行くか悩んでいた頃、渡米しを受けた。

2012年のドラマ『妻が夫をおくるとき』では、石井ふく子の役を薬師丸が演じている。

『プレイバックひろ子 : 言葉かみしめて 「探偵物語」公開記念・薬師丸ひろ子対談集』(1983年6月、):• またその後も交流が続き、2011年11月、高倉健の遺作となった『』(2012年)の撮影現場にも訪ねている。