渋野 日向子 スイング 動画。 渋野日向子のスイング改造 気になる飛距離ダウンを徹底分析|topics|ゴルフトピック|GDO

しかし、渋野が思い描くように事が進むだろうか。

アマチュアは上半身が伸び上がった結果、ハンドアップになっているので、すごく弱いスイングになってしまいます。

でも、スイングが安定せず、長いスランプに陥ってしまいました」(スポーツ紙記者) そもそも、渋野は器用ではない。

インパクト前には下半身と上半身の重心の差はあまりなくやや窮屈そうな感じ。

その構えだと体が動きにくいので振り切れません。

渋野日向子のスイング解説を、三觜喜一はこう締めくくった。

このワイドスタンス、下半身リードで飛距離を出し平均飛距離245ヤードを出すのでしょう。

渋野日向子のスイングを解説【動きはソフトボールのピッチャーにあり】 渋野日向子選手は飛ぶ鳥を落とす勢いでLPGAツアーで活躍しています。

キャンセル待ちやマンデートーナメントもしかり。

68

ハンドアップするインパクトのポイントは左手首です。

それでは、基本プロフィールからチェック。

「まず、シャットなバックスイングから、左手を掌屈(掌側に手首を折る)させてシャローアウトさせています。

なので、いわゆる切り返しから 下半身がガニ股になるイメージが出てくるのです。

AB体型:A体型よりヒップが 4cm 大きい。

48
なので、インパクトでは強烈なハンドファーストが生まれることになります。 「小さいころからソフトボールのピッチャーを経験し、ボールを投げる指先の感覚が鋭く、それがにも生かされて普通の女子プロとは違うスイングでも結果を残してきた。 五輪出場もかなわない。 そのため、アマチュアゴルファーが真似をする必要はないだろうし、真似するのは難しいと言える。 それがかなわなくても、長期滞在により米国のコースに慣れることはでき、12月のQスクール(ツアーテスト)に向けて備えられる。