拝啓 季語。 拝啓〜敬具、前略〜草々の使い方

「7月も残りわずか。

早春 (そうしゅん) 初春 (しょしゅん) 春分 (しゅんぶん) 春寒 (しゅんかん) 春陽 (しゅん よう) 春暖 (しゅんだん) 浅春 (せんしゅん) 仲春 (ちゅうしゅん) 孟春 (もうしゅん) 春雪 (しゅんせつ) 解氷 (かいひょう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。

2 96

日ましに肌寒さも加わって参ります。

漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。

また以下の記事ではメール文の書き方のコツや例文を解説しています。

「新緑が目に鮮やかな、すがすがしい季節となりました」など、サラッと使いこなしたいものです 手紙の中では、「時候の挨拶」がよく使われます。

・しだいに頼もしさを増す日差しに春の訪れを感じております。

・秋の月にうっとりと見とれ、虫の音を聞きながら秋の夜の風情を楽しんでおります。

言葉通り、その時々の季節感や気候の様子を表すもので、漢語調で短く簡潔に表現したものと、口語調のやわらかい表現の言い回しがあり、相手や場面に応じて使い分けます。

43