三菱 fa。 FA事業|事業領域|三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社

(従来のID・パスワードでご利用可能です) 技術情報・代理店様専用サイトをリニューアルしました (専用サイトより検索ください) 2021. 路面に光で図形を描き、クルマのドア開けや後退を周囲に知らせる技術を、三菱電機が開発
(専用サイトより検索ください) 2018. (専用サイトより検索ください) 2019. (専用サイトより検索ください) 2021. (専用サイトより検索ください) 2019. 2017. (専用サイトより検索ください) 2019. 12 取扱説明書を更新しました Please indicate your consent to our use of cookies and our policy by clicking Yes. 協働ロボット「COBOTTA」を35台稼働させ、人とロボットが協働できる分野についてデモを披露した
(専用サイトより検索ください) 2020. 09 クレーンリモート監視システム 体感キャンペーンのお知らせ 2020. 新製品ニュースにレールゲージ1200mm・15tダブルレールホイスト(U2形・S2形)を掲載しました (専用サイトより検索ください) 2021. また、三菱電機の研究所と連携しながら、NC製品に搭載するインテリジェント機能や3D加工シミュレーション、各種アプリケーションやソリューション提供、機械学習や人工知能(AI) 、ビッグデータの活用にも取り組んでいます
(専用サイトより検索ください) 2018. (専用サイトより検索ください) 2019. (専用サイトより検索ください) 2019. その製品を使いこなすためのエンジニアリングソフトウェア開発を行っています (専用サイトより検索ください) 2021. 02 セールスとサービス(改良情報)を追加しました
工場の生産ラインにおける準備作業とは(切削加工の例) 生産現場では、FA機器やシステムの調整、機器を動かすプログラミングなどにかかる工数の増加や熟練工の減少が問題になっている (専用サイトより検索ください) 2019. 12 外形図CADデータ集を更新しました
(専用サイトより検索ください) 2016. 「パラメーター調整」「画像判定」「異常検知」を自動化 小さな電子部品をプリント基板の決められた場所に載せる実装機では、機械の振動を抑えながら素早く目標位置に停止するようAIがモーターを制御 問題がある場合は、レーザーの焦点位置や加工速度、ガス圧力などあらかじめ設定された条件をAIが自動調整しながら最適な条件を見つける
04 設置届の表示場所を移動、機種毎の分割としました 本来、ディープラーニングには数千~数万枚もの学習用データ(画像)と膨大な計算処理が必要になるが、画像特徴量の1つである「高次局所自己相関特徴」(HLAC)に注目したことで、必要な学習データ数と学習のための計算量の削減に成功したという
1
This website uses cookies in order to improve the user experience. 12 セールスとサービス(改良情報)を追加しました。 (専用サイトより検索ください) 2017. 07 試験成績書(テストレポート)を追加しました。 熟練工が目視で判断していた加工面のキズ、上面荒れ、溶融付着など5つのポイントをAIに判定させた。 人間とロボットが共存して働く「協働ロボット」「コボット」という、将来の働き方に大きく関わってくるテーマについて掘り下げます。 06 新型FTシリーズ発売。 製造機械のパラメーター調整にAIを活用 レーザー加工機を用いた板金の切断加工では、経験の少ない従業員でも熟練工と同等の加工品質を維持できるよう、加工面の品質判定を画像認識AIがサポート。 09 セールスとサービス(改良情報)を追加しました。 (専用サイトより検索ください) 2018. 11 改良情報を追加しました。 デンソーウェーブが「第3回 ロボデックス」に初出展。 (専用サイトより検索ください) 2020. 07 外形図CADデータ集を更新しました。
32