スマート シティ と は。 スマートシティとは?具体的な取組みや課題について解説!

0は、都市や地域の抱える諸課題の解決し、新たな価値を創出し続けるスマートシティを推進しています。

トロントのスマートシティプロジェクトで見えた課題 カナダのトロントでは、Googleの兄弟会社「サイドウォークラボ」がスマートシティプロジェクトを主導していました。

そして連携の枠組みとして重要な役割を果たすのがアーキテクチャであり、その基盤となるのが『都市OS』なのです」(越塚氏) 既にスマートシティアーキテクチャや都市OSのグローバル競争は始まっており、その策定が進んでいるという。

Webサイトでは、区別の人口データと生活関連データを掛け合わせたマップや、動植物マップ、新型コロナウイルスやインフルエンザの感染者数のデータなどのオープンデータを公開しており、データ活用や市民への情報公開が進んでいる。

国内事例:高松市 香川県高松市では、人口減少の克服、地域活力の工場、災害リスクへの対応など、行政のみでは解決できない課題解決を目的として、「産官学民で連携した持続的なまちづくり」を掲げ、2017年よりスマートシティへの取り組みを本格的に開始しています。

これについて「日本では官民連携の取り組みが進んでおり、その水準もかなり高くなっています」と語るのは東京大学大学院 情報学環 副学環長・教授の越塚 登氏だ。

スマート、サステナブル、インクルーシブ(包括的)です。

スマートシティとは? スマートシティについて、国土交通省が下記の内容で定義をしています。

56
スマートグリッド 初期のスマートシティは、スマートグリッドの文脈で語られることが多かった 例えば、家が自分で考え電気量をコントロールし自家発電してくれれば、効率的に節電ができ、余った電力を隣の家に提供することもできる
この潮流は日本においても例外ではない 本ガイドブックは令和3年1月~3月まで開催のガイドブック検討会・分科会を通じて作成されました
一方で、日本では今後将来にわたって労働力が不足する見通しであり、これまでの経済成長に陰りが予想されている ただし、都市OSを策定するには、大きな課題を乗り越える必要がある
また、最先端の技術で生活のスマート化を目指す「スマートシティ」は世界各国の都市で導入されている一方、様々な課題があります 新型コロナウィルス感染症を契機としたデジタル化や、AI、IoTをはじめとする各種技術開発が急速に進展する中、これらの技術をまちづくりに取り入れ、市民生活の質、都市活動の効率性等の向上を図ることは、今後のまちづくりの基本となるべきテーマであり、全国多くの都市・地域においてスマートシティの取組が進められることが望まれます
[注3] 新型コロナウイルスの感染拡大も理由の一つに違いありませんが、地元住民からプライバシーの侵害を訴える反発の声が上がっていたのも事実です もともと、街路灯なので電力供給が前提となっているデバイスであるため、それを活用してカメラを取り付け、防犯や人流解析などに活用したり、Wifiルーターの機能を搭載することで、シティWifiを実現したりと、さまざまな利用シーンが想定されている
ビル全体に1000個以上のセンサーやAIカメラを設置し、スマートフォンの位置情報と組み合わせ、来館者の人流をきめ細かく捕捉 現在40の都市で5Gの利用がスタートしていますが、こうした高速・大容量の通信が整備されれば、スマートシティはさらに加速していくはずです」(李氏) プロアクティブな対応へ舵を切るヘルシンキ スマートシティの概念が早くから浸透した欧州でも、さまざまな形でデジタル化が進展している
0(情報社会)に続く新たな社会として、情報社会にAIやIoTが加わったより生活しやすい社会と定義されている