参勤 交代 と は。 参勤交代とは

幕府にとっての要注意の大名家である外様大名は、江戸から遠く大名行列を行いながらの参勤交代は大きな負担となっていたようです。 24
には、・などは在京し、その他の大名は京都に参勤した 西国大名は3月末~4月初に江戸へ
供の数が最近非常に多く、領地や領民の負担である 半分はアルバイトで雇ったサクラです
ただし、その反面、諸藩の財政難の原因として参勤交代制を挙げる学者が江戸時代にも出ており、江戸期を通して ・ ・ などによって参勤交代制度に対する批判がなされ、実際に、室鳩巣を重用したの頃には、一時期、参勤交代による江戸の在府期間が半年に短縮されるなどした その後、幕府は幕末に至り、幕政改革の一環として、1862年(文久2)ふたたび参勤交代を緩和し、三年一勤百日在府制を実施したが、それによって、諸大名の幕府からの離反を防ぐことができず、かえって幕府の崩壊を早める結果となった
その人数は禄高によって大きく変わり、加賀百万石と称されるの場合で2500人から3000人、多いときで4000人に達したという これに対し、政醇は家臣と領民を守るために、あえて理不尽な参勤を受け入れることに決め、家臣一の智恵者である家老・相馬兼嗣に意見を求めた
礼金を受け取った段蔵はすでに姿を消しており、身軽に走るために刀槍を持っていなかった湯長谷藩一行は逃げ出し、谷川に落ちてしまう 本記事では参勤交代とは実際どういうものだったのかが分かる、参勤交代にまつわるちょっと意外なホントの話をご紹介したいと思います
76