東京 女子 医大 理事 長。 女子医大の理事長ら、全幹部の退陣を要求

【2021年5月20日18時13分追記】初出時の外勤の対応にかかわる部分について一部事実関係に誤りがありましたので上記のように修正しました。

ここに残っても状況が良くなる保証は何もありませんし、私も若ければとっくに辞めていましたから」 電話から聞こえてくるベテラン医師の声は、疲れ切っていた。

誰も意見できない雰囲気で、まるで独裁者だと揶揄する職員もいます」(女子医大関係者) 人件費切り詰めの一方で施設整備に巨額費用投下 岩本理事長に対する女子医大職員の反発は大きい。

ただ、少子化に伴う学生数の減少や歯科医師の供給過剰による競争激化に備える必要があり、今のうちに攻めの一手を打ったと考えられる。

ですが、今回話題に上がっている東京女子医大病院は3割りどころか全額カットと報じられています。

IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

しかし、2019年4月より、理事長の座は岩本絹子氏へと移っています。

04月• 「東京女子医大の資料には、研究日の外勤を慣例として認めていたと記載されています。

63
建学の精神と「至誠と愛」を未来に継承 社会に貢献する大学であり続けるために 東京女子医科大学は、1900年に吉岡彌生先生によって創立された東京女醫学校に起源を持ち、女性のみに医学教育を行う国内唯一の機関です。 2014年、女子医大のICU(集中治療室)で治療中の2歳児が、プロポフォールという鎮静薬を大量投与され、3日後に死亡した。 ただし、取材を進めていくと、決定的な理由は別にあるとわかった。 岩本絹子 東京女子医大理事長 の評判は? 東京女子医大理事長の岩本絹子さんの評判を調査してみました。 父方や母方によって姓が変わってきますが、岩本絹子さんは姓が「吉岡」ではないため分かりにくいですが、吉岡一族のようです。 これまでと同じ診療ができなくなった科もあります。 2007年• なお、には、「Impaired preservation of GFR during hypotension in preexistent renal hypoperfusion」にて、北里大学よりのを取得している。 2001年の心臓手術後に子供が死亡した事故、そして2014 年に集中治療中の子供に禁止されていた鎮静剤「プロポフォール」の投与で死亡事故を起こし、厚労省から2度にわたって特定機能病院の認定を取り消された。