竹中 重治 の 弟 竹中 重 矩 の 最期 の 説明 として 正しい もの は 次 の うち どれ か。 竹中重治の弟・竹中重矩の最期の説明として、正しいものは次のうちどれ

なぜならば、彼は年少から、およそ恋ということばには、深い 諦 ( あきら )めを持っていた。

それらの厄介な敵は、多くが 江州 ( ごうしゅう )と美濃の境に 蟠踞 ( ばんきょ )していた。
槍と槍、太刀と太刀。 彼らが地方に配るカネは、彼らのカネでは全然ない。 厩衆の木下藤吉郎でござる。 親としても、武士としても、犬千代に対して、合わせる顔はない。 御用学者の数をいくら集めても無意味。 薪は井桁《いげた》に組んで積み上げ、漏れた油でも下部に少々かければよく燃える。 彼は、一同を見わたしながら 唇 ( くち )を開いた。 しかし犬千代も藤吉郎も、 寧子 ( ねね )の問題などは忘れ果てて、主君の愛馬を取りかこみながら、 鏘々 ( そうそう )と、金属的なひびきを立てながら、大玄関のほうへ駈けて行った。 元就の命を聞かずに勝手に自害したことで桂一族では粛清を受けるものと思い、桂元澄を中心に一族で桂城に籠った。 独り喰う夜食の間にも、 「母上には、どんな物を召し上がっていらっしゃるだろうか。