F1 ホンダ。 レッドブルF1 「2025年以降についてもホンダと話し合う必要がある」 【 F1

ついにホンダPUがチャンピオンを狙う力をつけてはきたのだが、だからと言ってホンダのF1撤退決定は覆りそうもない。

2021-07-17 22:45:04 F1第10戦イギリスGPは、スプリント予選レースを実施するというF1史上初のフォーマットで開催されている 何故かと言うと、イギリスはF1コンストラクターの本拠地だし、すでにメルセデスが車体のアップデートを入れてくると言ってますから、そういった意味で本当にレッドブルとメルセデスが拮抗する状況になると思いますし、あそこも本当にタイヤに結構厳しいので、そういった意味でイギリスGPが前半戦の山場だと思います」 「今回レースのフォーマットも若干変わるんで、観客もフルに入れるということで楽しみにしています」. ヘルムート・マルコは、レッドブルがF1エンジンプログラムに関して、特に2025年に迫っている完全に新しいレギュレーションでで、将来の正確なコースをまだ計画していないことを認める
F1の最新情報のチェックにご利用ください もちろん開幕してみなければ宿敵メルセデスとの比較は難しいが、充分以上に肩を並べることは想像に難くない
2021-07-18 01:02:16 F1イギリスGPのスプリント予選レースが行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップチェッカー 「我々は高速域で負けている
初日の金曜日は、1時間のFP1と、スプリント予選のグリッドを決める予選が行われ. さらに、このPU問題が悪化すればレッドブルグループのF1撤退も考えられないことではないのだ だが、それは実際の最新情報ではない」とヘルムート・マルコは語った
佐藤万. こんな負の形でのF1撤退だが、この第4期F1プロジェクトはマクラーレンとの3年間で撤退してもおかしくはなかった もちろん、2022年以降のホンダPUには多くの噂がある
ホンダF1が次のように振り返った 2021-07-18 11:01:57 F1第10戦イギリスGPのスプリント予選レースが行なわれた
24
ホンダPUのF1残留とはいえ、どういう形になるのかは未だ不明だが、レッドブルとの譲渡契約の煮詰めには多くの問題もあるだろう。 まさに今その状態だと思います」 山本雅史は、マシンにバランスが求められるポール・リカールで開催されたF1フランスGPでのポールポジションの重要性について振り返った。 「レッドブルは細かいエアロのチューニングを毎回やっているんですね。 しかし、ホンダの意地がレッドブルグループとパートナーを組むことで、マクラーレンとの3年間の低迷を覆した。 レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新しいF1エンジンレギュレーションが導入される2025年以降についてもホンダに何らかの協力を求める可能性があることを示唆した。
84
だが、ヘルムート・マルコはその可能性を軽視している。 私は彼らが最後の年にこのエンジンに全力を注ぎ込むだろうと最初から確信していたよ」 「彼らは、きちんと仕事を終えるために何一つ手を抜かず、リソースも何一つ残していない」 そう述べたヴォルフは次のように付け加えた。 「昨年のアルボンも『どっかで必ずミスしてしまう』とよく言ってましたし、それでコンマ1~2秒タイムが短くなってしまうので、そういった意味ではフェルスタッペンの集中力、タイヤとクルマの動かし方というのが桁外れにうまくすぎるというのがオーストリアの2戦では光ってましたね」 「予選は時計見たいですよね。 ヘルムート・マルコは、すでにレッドブルは社内のF1エンジン設備の準備を忙しく進めていると語った。 「彼ら(ホンダ)は素晴らしい仕事をしたね。 ホンダF1の田辺豊治(ホンダF1テクニカルディレクター. したがってホンダ撤退はF1の存続に関わる重要な問題なのだ。