カラダ ノート。 カラダノート (4014) : 株価/予想・目標株価 [KARADANOTE]

また、当選を目指すなら主幹事のみずほ証券が狙い目。

事業内容 カラダノートは、ライフステージに応じたファミリーデータプラットフォーム事業を展開している。 現在は、メインターゲットである妊娠・育児中のママに対して、『ママびより』などのウェブメディアの他、妊娠週数や月齢の課題に応じたアプリケーションを多数運営している。 IPOで得た資金は、人材採用、広告宣伝費、新規事業開発に充てる予定です。 この環境の中で継続的な成長を実現するためには、様々な新規事業に取り組み続けることが重要であると考えている。 これまでカラダノートは、子育て世代の社員の方が多く、自らがそういった時期に関わることよって具体的な事業アイデアが生まれるという環境が形成されていたと思います。 エンジェル投資とは IPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法。 最近上場するスタートアップはVCからの出資が一般的になっているので、久々にこういう株主構成を見たなという印象です。 そこには、物事の価値に対する想いが感じられます。 11に公開したものです 2018年10月まで7年間、社外取締役・出資者として株式会社カラダノートをサポートしてきた穐田誉輝氏。
64

生協対象地域外に住んでいる• 結論から言うと、 勧誘の電話はありましたが、プレゼントは中々使い心地がよくもう何年も愛用しています。

人気化が予想されるIPOには当選したくてもなかなか思うように当選出来るものではないと思うので、上場銘柄での利益獲得の可能性が高そうな銘柄を探されている方は、おじさんオススメ株情報サイトも是非ご参照下さい。

さらに売上も伸びており、黒字運営ですから業績も問題ありません。

これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

49

内部管理体制の強化 事業規模を拡大すると同時に企業価値を継続的に高めていくためには、内部管理体制の更なる強化が必要である。

なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。

佐藤が穐田氏に当社の事業への協力を仰いだのは、それから2年ほどたった2011年のことでした。

沿革・会社概要 株式会社カラダノートは、東京都港区に本社を置く、出産・育児や服薬・健康管理に関するアプリの企画・開発等を行う企業。

なお公募価格450円に対して、 初値は1,890円という4倍以上の価格がつきました。

株主にVCはいない• 大手証券ですがネットからも申し込みが可能です。

ある時、ひとりで食事をしていたら、隣にいた OL ふたりが『引越しでカカクコムを使って……』って話をしてるんですよ。

65