東証 売買 停止。 売買停止に金融庁「責任の明確化を」 社長辞任の東証:朝日新聞デジタル

売買停止情報

株を売買してもうかったり損したりすることはみんな想定していますが、取引できないことは想定しません。 東証はハードの障害が起こった機器からバックアップへの切り替わりが正常に行われなかったことによって相場情報が配信できなくなったと説明。 東証では、トラブルがあった「共有ディスク装置」を交換する作業を行い、2日、株式の売買を再開させるということです。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 システム障害の原因となった機器の納入ベンダーとして、多くの関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを改めて深くおわび申し上げる」とコメントした。 これ以前に全銘柄の売買が停止されたのは2005年11月で、4時間半取引が止まった。 日経平均株価の先物などを取り扱っている大阪取引所では、影響はなく、通常どおり取り引きが行われています。

>

東証現物売買を終日停止、停止時間は過去最長に-下期相場初日

SMBC日興証券広報担当の沢田北斗氏によると、障害発覚後、同証は140の国内支店で対面での日本株売買受注を一時停止した。 10月1日、東京証券取引所の売買がシステム障害によって終日停止となった。 Tと共同で調査を行っている。 東証のシステム障害は、共有記録装置が故障したため、投資家に情報を提供したり、システムを監視したりできなくなった。 このころには何らかの障害が起きたとベンダーから第一報を受ける会社もあり、時価情報配信において障害が発生したことが広く認識される。 売買の注文を処理する「注文売買系ネットワーク」とシステムの基幹となる「運用系ネットワーク」です。

>

売買停止に金融庁「責任の明確化を」 社長辞任の東証:朝日新聞デジタル

日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 売買の機会がなくなれば、本当は株を売りたいのに売れない、という事態が起こります。 東京証券取引所で株式全銘柄の売買取引が停止した問題で、東証は5日、システム障害が起きた1日に自動でバックアップに切り替わらなかった原因について、運用開始される前の開発時点の設定に問題があったと発表した。 ビットコイン動向 1日の暗号資産(仮想通貨)市場。 東証の終日ダウンは史上初。

>

売買停止に金融庁「責任の明確化を」 社長辞任の東証:朝日新聞デジタル

そんな金額がなんの疑問も抱かれず毎日取引されているのは、ひとえに取引所が信頼されているからです。 富士通のシステムを使う名古屋証券取引所、札幌証券取引所なども、きょうは売買停止になった。 そのために、バックアップシステムや非常事態を想定した対応計画の策定が不可欠になっている。 この問題で金融庁は同日、金融商品取引法に基づき東証とJPXに業務改善命令を出した。 野村証券は午前の段階で、注文は受け付けているが、「取引所の今後の発表によっては売買が成立しない可能性がある旨を説明した上で、受注している」としていた。 東京証券取引所で1日、システムトラブルが起こり、終日すべての株式の取引が停止しました。 金融庁がシステム障害で東証に業務改善を命じるのは、2012年以来8年ぶり3回目。

>

東証売買停止、システム開発の富士通に視線-バックアップ効かず

市場再開に向けて問題なく対応を進めていると説明した。 東証によると、東証現物取引で大規模なシステム障害が発生したのは一部取引参加者にが起きた2018年10月以来で、全銘柄の売買が停止されたのは以来となる。 この問題で金融庁は同日、金融商品取引法に基づき東証とJPXに業務改善命令を出した。 大阪取引所にあるボードには東京証券取引所で取り引きされている日経平均株価も表示されていますが値動きはありません。 「気配値が表示されないので、何らかの障害が起きたのではないかと感じた」と、丸三証券エクイティ部株式営業課・秋場正也氏は言う。 日本の市場システムへの信頼感にも影響を与える可能性がある。

>

東証が全銘柄の取引を終日停止、社長「責任痛感」 2日は再開

株式売買が集中する東証のバックアップと…. 東証で1日に取引される金額は兆単位です。 自社か東証かどこに問題があるか分からず調査を始め、8時30分過ぎには東証の発表で確定した」と言う。 かつては東証に障害が起きても、大阪で売買する機会があったとし、「取引所の売買が集中した現在は東証に問題が起きると全てが止まってしまう。 障害の原因については、基幹システムを開発した富士通6702. 日本株市場における一極集中による弱さが表れた」とみていた。 さらに宮原社長は、「日銀短観という大事な統計が発表された中で、終日の停止となり大変ご迷惑をおかけした。

>