ジョン ローン 現在。 ジョン・ローン、コミカルな皇帝役でイメージチェンジ!人気ドラマシリーズに出演―北京市

経歴を見ると、映画には、いまだに地道に出演しているようだし、あの一時期だけが突出していたのだと思いますよ 2019年12月15日にラストエンペラーがテレビで放送されていたようで、ジョンローンを見たことがなかった人も彼に魅了されていました
彼の演技の奥深さを見せつけ、魅力が存分に発揮された作品と言えるでしょう prevent-bg-text-style h4:not. 『ラスト・エンペラー』よりも孤独な人生を送る、ジョン・ローンの現在 2010年6月14日 クローネンバーグの描く『異形』は、時に、グロテスクで、滑稽だ
再び大ブレイクする日も、そう遠くはないかもしれません そういった誹謗中傷や噂の類を目に入れることさえ精神的な傷になることから、インターネットは全くみないそう
日本でもサントリー・ウィスキーやロレックスのCMに登場しました 端役でも喜んで演じたい」と語っている
どんな小さな仕事でも、時間をじっくりかけて検討して、 スローペースで仕事をしています ジョンローンさんが演じたのは、若きチャイニーズ・マフィアの頭領役でした
青年期から老年期まで主人公の溥儀を見事に演じ、ゴールデン・グローブ男優賞にノミネートされたのが、ジョン・ローンです 「孤独な青年期をいきた溥儀と自らの幼少期が重なった」と後に語っており、ファンでなくても是非みてもらいたい作品となっています
自分が親になることにも自信が持てず、恐らく生涯独身だろうと過去のインタビューで何度か語り「死んだ後も墓はいらない」とまで言い放っています 詳しくは知りませんが、事件でほされたというよりは、人気を持続できなかった、あるいは持続しようとしなかっただけなのではという気がするのですが
出演作品 [ ] 映画 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1976 King Kong 中国人の料理人 1984 Iceman チャーリー 1985 Year of the Dragon ジョーイ・タイ 1987 The Last Emperor 1988 The Moderns バートラム・ストーン 1989 Echoes of Paradise ラカ 1990 ヘンリー・黄(ウォン) 日本映画 1992 上海1920 ビリー・フォン 1993 M. 辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。 ジョン・ローンは1985年「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」でブレークし、その後、主演の「ラスト・エンペラー」がアカデミ賞作品賞等を受賞しました。 役を離れても、表情が寂しい感じが残る俳優さんでしたね。 毛むくじゃらな姿で、ジョンローンさんと判断するのはかなり難しいのです。 【】 「康熙微服私訪記」は何度も最高視聴率を塗り替えた超人気ドラマで、お忍びで町に出た清の康煕帝が様々な不正を暴く、「水戸黄門」のようなストーリー。 実力は俳優として、彼の名を知らしめた作品でもあるでしょう。 後年、溥儀役と、孤児として育った自分自身の孤独な生い立ちと青年期を常に脳裏にダブらせた、と彼自身は懐述している。
67