盾 の 勇者 の 成り上がり イラスト。 グラス(盾の勇者の成り上がり) (ぐらす)とは【ピクシブ百科事典】

それ以降は、以前のような傲慢さや自己弁護がなくなり、宮地に対して悪事を働く理由を問いただすなど、精神的に成長する。

「舞台『盾の勇者の成り上がり』公演Blu-rayディスク・DVD」の価格は、Blu-ray版が7,500円(税込)、DVD版が7,000円(税込)。

高校生ということもあり、まだまだ幼い部分も多々見受けられる錬。

サディナとの決闘の際、切り札として過去の天命を降ろすも、体を乗っ取られてしまう。

書籍版では登場していない。

またナタリアと区別する機能を搭載されており(ホルンの外し忘れ)、なぜかラフタリアにだけ「ニセモノー」と鳴き、それ以外のルフトやラフちゃんには普通に鳴く。

マインの弟でメルティの兄。

本体は札を入れるケース。

36
その後、槍の勇者の仲間として旅立つ 投擲具に選ばれる前は剣を武器にしていた
父・母・妹と知的な家族が揃っている中でも悪知恵こそ働くが知能は低く、他人を陥れるくせに自身が騙されたり裏切られることは考慮していない 魔法適性は光と援護
何とか治療を施そうとする尚文だが、 その傷は盾の勇者でも治せない【治療不可】の傷で…… 冤罪に対しては他人事でも見過ごせず、リーシアの冤罪も我が事のように怒っている
三勇教の教皇を倒し、尚文の冤罪が晴れてからは、尚文たちとの旅の最中、メルロマルクの貴族の亜人奴隷に対する残酷な仕打ちを見たことで、メルロマルクを人間と亜人が仲良くできる場所にしたいと決意する が自分達の世界の転生者達を駆逐していった事から否応なしに協力関係を結ばされ、その代表である の立ち合いの元で尚文達と和解、フレオンの進言で元康から豚扱いされなくなり名前を正しく覚えられた
タクトとの戦争では尚文に杖を託しつつ、英知の賢王としての頭脳を発揮しフォーブレイ軍の全滅に貢献する 当初は契約による主従という関係でしかなかった尚文とラフタリアも旅を続けていくうちに信頼し合う関係になっていく
「盾が鍋の蓋に見える」「飯の勇者」「鏡がトレイに見える」など言われるが、本人はそのように呼ばれるのを嫌う 更にグラス一行との戦いで苦戦する尚文たちの戦場への支援として使われ、破裂によって 希釈なしのルコルの果汁粒子を大量に含んだガスを発生させ、 「尚文だけは無事で済む簡易な散布弾」として効果を覿面に発揮し、形勢逆転の一因にもなった