よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る ピッコマ。 よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第17話】のネタバレ・感想!

セザールは正直に言って良いか前置きし、あり得ない話だと答える。

またシリアスなムードでもカナリアが場違いな面白いことばかり考えているコメディ要素も個人的には大好きですし、王道ラブコメストーリーの素晴らしさを改めて実感しました。

「違うわよ、このバカ! 私が今までどれだけ……」 ここまで言ったカナリアは思わず言葉を止めてセザールを凝視しました。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

兄が憎いからというわけではないのが切ないところですね。

一方、己の執務室に逃げ帰ったセザールは騎士の面々を部屋から追い出して誰も入れるなと命令します。

43

遊び方を教えると言っていましたが、彼女がいなくても、彼自身で息抜きできるようにとの理由でした。

カナリアは、ベオンヒルト家を説得するのは私に任せて欲しい、これはラヤのためでもあると言う。

兄が憎いからというわけではないのが切ないところですね。

ポイント 金額 お得感 300P 300円 600P 600円 1,030P 1,000円 30ptお得 2,080P 2,000円 80ptお得 5,250P 5,000円 250ptお得 10,600P 10,000円 600ptお得 21,500P 20,000円 1,500ptお得 購入ポイントが多いほどお得になります。

両親から見送られる形で出発する時にも兄の姿はありませんでした・・・。

49
セザールが失脚したら離婚して、皇后の用意した男と贅沢に暮らすつもりでした。 兄カイルは、このままでは後継者の立場をラヤに奪われるかもしれないと複雑な気持ちになる。 執務室のドアが閉まると、たまらずノアは大爆笑。 だがラヤは相変わらず兄が好きだった。 その後、セザールとグレイシーは通路を歩いていた。 カナリア「こんな状態でお詫びなんて、よけい恥ずかしくなる・・・」 部下たちが謝罪している今もセザールから強く抱きしめられている状態です。 まずは皇后に取り入り、セザールとも仲良くなろうとします。 いつもは偽りの姿だったのだな、こちらの方が自然でいいと言うセザールに、お二人ともよく似てらっしゃると、グレイシーはクスっと笑う。
29