ウィザーズ 対 ホークス。 八村塁と渡邊雄太が欠場の一戦はウィザーズが延長戦の末に勝利、ラプターズはプレイオフ進出が厳しく

ホークスはイースト4位のニューヨーク・ニックスを1ゲーム差で追いかけており、プレイオフ1回戦でのホームコート・アドバンテージ獲得に向けて勝利が欲しい。

2011- 栄誉 [ ] 1961-62 -- 1962-63 -- 1962-64 -- 1964-65 -- 1965-66 -- 1966-67 -- 1966-67 -- 1966-73 -- 1973-76 -- 1976-80 -- 1980-86 -- 1985-88 -- 1987-94 -- 1994-97 -- 1996-99 -- 1998-99 -- 1999-00 -- 1999-00 -- 2000-01 -- 2001-03 -- 2003-09 -- 2009-2012 -- 2012-2016 -- 2016-. しかし、アリーナスがロッカールームに拳銃を無断で持ち込んだ事が発覚。

ティップオフが先だったウィザーズ対アトランタ・ホークス戦では、1月11日のフェニックス・サンズ戦以来戦列を離れていた八村がスターティング・ラインナップに名を連ねた。

コラム [12月3日 10:01]• 渡邊はこの日を含め直近4試合でいずれも10分以上出場し、平均7. 695 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 ホークス 3, 1 4, ホークス 1 1987-88 50 32. 渡邊の出場は、現地時間の午後早い時間で「questionable(不確か)」だったが、夕方になって欠場が決まった。

3秒、ケビン・セラフィンがベースラインからジャンパ行。

残り1分8秒には116-117と追いすがるフィンガーロール・レイアップも成功させた。

そしてショットクロックが少なくなり、強引に持ち込んだシュートはブロックの餌食となった。

に入る頃ホークスは再び低迷期に入り、に就任した名将がチームの再建に取り組んだ。

テニス [11月16日 7:48]• :1970-1974 50• なおこの試合で八村は、3本中2本の3ポイントシュートを決め、フィールドゴールとしては12本中の9本を成功。

:1967-1970• そのハーデンはいきなりダブルドリブルを取られてしまうが、スリーはしっかり決めてロケッツが逆転(94-93) ウィザーズはリバウンドで踏ん張っていたが、オフェンスはちぐはぐでロケッツはここで一気のランを出すチャンスだったのだが、今度はアリーザがトラベリングをしてしまい、ロケッツもリズムを掴めないままゲームは中盤に入って行った(97-95)」 キャット「中盤に入ってもリズムに乗れないウィザーズとは対照的に、ロケッツは絶好調アンダーソンのスリーに、相手のミスから速攻を決め、ようやく突き放しに掛かってきたよ(102-95) すぐさま元ロケッツで今季からウィザーズを指揮するブルックスはタイムアウトを要求するが、その後もウィザーズはパスミス、シュートミスが続く。

ウィザーズとの前回対戦では、両軍合計で9つのテクニカルファウル、3人の退場者が出る大荒れの展開のなか、ヤングが41点を叩き出してホークスを116-100の勝利に導いた ウィザーズは試合後、報道陣に囲まれる八村の様子を公式ツイッターで紹介
2021年1月19日 火 04:00 ウィザーズ対キャバリアーズ• 箱根駅伝 [12月3日 3:03]• フィギュア [12月3日 14:36]• 今季ビールが欠場した試合で平均18. が25得点、フレッド・バンブリートが22得点、6リバウンド、ケム・バーチが17得点、9リバウンドを記録した ウィザーズもウォールをコートに戻し最終決戦を迎える
: 2013-• 八村は最終的に32分52秒のプレイでフィールドゴールは6本試投の成功なし ロケッツのスリーが決まらない間に、ペイント内からゴータットの加点が続いた(0-6) だがロケッツもカペラがブロックを決めた後に、速攻で加点に成功してリズムを作ると、その後アリーザ、アンダーソン、ハーデンが合わせて4本のスリーを決め、ロケッツが逆転に成功したんだ(16-14) 中盤に入ってビールのスリーに、ゴータットのオフェンシブリバウンドからの加点で、ロケッツは再び逆転されると、リズムの悪くなったロケッツはハーデン頼みになってしまい、そのハーデンがドライブからディフェンスに阻まれ、ターンオーバーを繰り返す独り相撲を展開
には全体3位指名権を得てを指名し有望な若手選手を揃えたチームは、2007-08シーズン、2月にはをトレードで獲得し、更なる飛躍を目指し、9年振りとなるプレイオフ進出決定した ダイヤモンドの形は75周年のシンボルとして採用されたという
一方、2連敗で6戦5敗のラプターズは、27勝40敗でイースト12位 後半が始まるとウォールのゲームメイクに引っ張られ、ウィザーズがリードを広げていく
32