田辺 市 地域 活性 化 商品 券。 田辺市地域活性化商品券について|田辺市商店街振興組合連合会

再販売に関する問い合わせは、運営業務委託先の市商店街振興組合連合会(0739・22・2960)へ。

このうち、第1弾の販売期間中に売れたのは6割強の約4万500セットだった。

関連記事一覧. 盗難・紛失、破損等に対して、発行者はその責を負いません。

商品券の販売は8月中旬~9月中旬。

債務の支払い(税金、電気・ガス・水道料金等)、換金性の高いものの購入 (ビール券、図書券等)、たばこの購入、事業上の取引(商品の仕入れ等) など、商品券の利用対象にならないものもあります。

有効期限(令和3年2月28日)を過ぎた商品券は使用できません。

観光誘客は2段階で考えており、全国向けキャンペーンも展開する。

販売場所は市商店街振興組合連合会、田辺商工会議所、牟婁、龍神村、中辺路町、大塔村、本宮町の各商工会。

29
対象者は購入時点で市内に住民登録している人。 販売場所は市商店街振興組合連合会、田辺商工会議所、牟婁、龍神村、中辺路町、大塔村、本宮町の各商工会。 地域活性化商品券は、新型コロナの影響で落ち込んだ市内の消費を呼び起こそうと発行。 市はこれまでもプレミアム商品券を発行しているが、30%の加算は過去最高。 コメント:• そのほか、市内宿泊事業者が感染症終息後の誘客を目的に取り組む対策の支援(事業費2千万円)、市民団体が視察旅行する際に使用する貸し切りバスやジャンボタクシーの料金補助(1千万円)、龍神村開発公社への貸付金(5千万円)、産後ケア施設の感染防止対策(80万円)、市内医療機関への感染防止対策物資の提供(201万円)を補正予算案に計上している。