思え ば 後悔 は 2 つ くらい しか ない な 歌詞。 Lupinus:【インタビュー】デビュー前インタビュー 白星もえ『成長したところを皆さんに見せたいですし、絶対後悔しないライブにすることが目標。皆さんに好きになってもらいたい』

17
勝手にトンネルカットに 「勝手に前髪をトンネルみたいな形にされた」(31歳・会社員) 頼んでいないのに前髪をトンネル型に切られたら、何かのジョークとしか思えないくらいショックですよね
いつも目の前に聴衆がいて、最高のギタープレイをしている、いつもそれだけを想像してプレイしている、 しかも、気が付いたらギターを手にしていて、いつもギターから手をはなさない 寒いし、退屈だし、 嫉妬深いし…. これもまた、 いい踏み台だと 思っていた」 「ソロが終わった後は" Since You Been Gone"って決まっているんだ
本にも書きましたが、私は20年ほど前から人生の最終段階の医療に携わり、これまで2800人以上の患者さんを看取ってきました " 愛しい人と始めて出会ったあの日に、まだ互いの名前も知らない、「気になるあの人」だった日に戻りたいと、切実に願います
大酒飲みだし、車を買ってやっても壊すし、留置場には入れられるし マッツ・レヴィンやヨラン・エドマンが辞めて心配したかい?マイク・ヴェセーラは? 俺は気にしないね! 誰がバンドにいるかなんて関係ない! 」 <つまり誰も好きじゃねえ> 「ロニーだろうがグラハムだろうがジョー・リン・ターナだろうが、誰も俺を自分のバンドに入れるなんてできない! 俺が、誰かを、自分のバンドに入れてやるんだ! 」 <自分だけが大好きだー!> 「俺はいつも奴等に言っていたんだ
それでもいい それでもいいと思える恋だった 戻れないと知ってても 繋がっていたくて 初めてこんな気持ちになった たまにしか会う事 出来なくなって 口約束は当たり前 それでもいいから… 叶いもしないこの願い あなたがまた私を好きになる そんな儚い 私の願い 今日もあなたに会いたい それでもいい それでもいいと思えた恋だった いつしかあなたは会う事さえ拒んできて 一人になると考えてしまう あの時 私 忘れたらよかったの? でもこの涙が答えでしょう? 心に嘘はつけない 恐いくらい覚えているの あなたの匂いや しぐさや 全てを おかしいでしょう? そう言って笑ってよ 別れているのにあなたの事ばかり 恋がこんなに苦しいなんて 恋がこんなに悲しいなんて 思わなかったの 本気であなたを思って知った 恐いくらい覚えているの あなたの匂いや しぐさや 全てを おかしいでしょう? そう言って笑ってよ 別れているのにあなたの事ばかり あなたは私の中の忘れられぬ人 全て捧げた人 もう二度と戻れなくても 今はただあなた…あなたの事だけで あなたの事ばかり. 行く所さえちゃんと回れば時間は取れるんです こんな感じで 笑 点滴を腕にさした老人の身振り 」 <俺以外はみんなクソ・パート3: いままでクビにしまくってきた奴等について> 「死んだ魚みたいになった奴らと一緒に音楽を作ることは出来ないんだよ
失敗や喧嘩をして落ち込んだときや、失恋して悲しい気持ちのときに、「時間を巻き戻してやり直したい!」と後悔したことはありませんか ハゲ始めてきたからカツラを手に入れたんだが、 カツラを手に入れた途端 、 自分は世界で一番のスターだと勘違いし始めたんだ
若気の至りで、結構じゃないですか あんな風に大きな会場をあちこち巡って歌ったことがなかったんだな
何年も、何年もだ 陳腐で凡庸なことは俺は嫌いだからな
彼はドラム・ソロの方が曲より大切だと思っていたんだ! あの奇妙なアティテュードは理解できなかった 」 <さんざお世話になった元ヴォーカリストのマーク・ボールズに対して> 「…あの当時、 彼は髪の毛の問題が あったんだ それが終わりだった
もはや氏による楽曲であるというだけで名曲であることが約束されたようなものだが、注目すべきは歌詞である 俺はリーダー以上の存在… いわば 「絶対的存在」 だからね!」 *俺以外はみんなクソだぜ! <俺以外はみんなクソ・パート1: スレイヤーについて> 「 ハッハー! まるでお笑いだぜ! 」 <俺以外はみんなクソ・パート2: アルカトラズについて> 「メンバーみんな年をとって 車椅子状態だからなぁ

今回は、ネガティブな感情をいつまでも引きずって、気持ちの切り替えが上手くできないときに聴きたい楽曲をまとめました。

2021年春に期待のアイドルグループがデビューする。

つまり「朽ちる」「劣化する」ことを示しているように思う。

君はどうなんだろう? 望み通りか?(今は) 手に入れた夢の暮らしは しあわせか? 一度は背中を押していながらも、<君>が進んだ選択の先、<今><手に入れた夢>を疑う言葉を吐いてしまう。

死を前に人生を振り返ったとき、一人で抱え込んでいたことを手放せるようになったり、「自分にとって本当に大切なものは何か」「自分がいかに多くの人に支えられてきたか」「つまらないと思っていた自分の人生に、どんな意味があったか」に気づいたりするからです。

ーーですよね。

勿体振ってもアレなので結論から言うと、この曲は上で挙げた楽曲達と同じく乃木坂46の視点を描いており、それは「メンバーの卒業」、それを受けた(残された)メンバーの声である。

ーーありがとうございます。