ハッカ スプレー の 作り方。 万能すぎる!ハッカ油スプレーの作り方と使い方8選

ハッカ油で手作り簡単虫除けスプレーの作り方!ハッカ油の活用方法もご紹介!

虫よけ• ちなみに、こんに簡単に作れるミントスプレー。 ということはつまり、 分離してもよければ無水エタノールは必要なし! ということで、今回は分離してもハッカ油スプレーはちゃんと使えるのか?というのを試してみることにしたわけです。 注意しないといけないのは、 シバンムシという虫は、逆にミントの香りに集まってきてしまうので、 シバンムシが多い地域では使わないほうがよさそうですね。 しかし、虫にとってはこのメントールのニオイは気絶してしまうほどの刺激臭なのです。 ハッカ油スプレー使用時の注意点 ハッカ油スプレーを使う時の注意点ですが、熱中症に注意するということです。

>

ハッカ油スプレーの作り方と万能すぎる効果!保存方法もチェック♪

消毒用エタノールを精製水(水道水)に置き換えたハッカ油スプレーは、肌の弱い赤ちゃんにも安心して使うことができますので、 肌が刺激に弱い方はあえてエタノールを使わないで作るというのも考えてみてください。 ハッカ油はとくに 猫には猛毒であることが分かっているため、猫を飼っているお家では使用しないようにしましょう。 ハッカ油 ハッカスプレーの中心的な材料になります。 作り方は一緒なので、ここでは分量だけご紹介します。 虫よけ• (例えば、ボトル30mlに換算すると、ハッカ油6滴、無水エタノール3ml、精製水27mlになります) 混合の順序ですが、無水エタノールにハッカ油を適量たらしてよく撹拌します。

>

「ハッカ油スプレー」の実力がすごい!虫除けや掃除にも使えて超万能!活用術

また、妊婦の方の使用も控えた方がいいと言われています。 また、ハッカ油スプレーを直接肌に使いたいときは、濃度を薄く作ることが大切です。 そのため1回で使いきれなかった精製水は冷蔵庫で保存してなるべく早く使い切ること。 ですが、ハッカ油100%のスプレーが意外と便利で、今は部屋中にハッカ油を吹きかけています。 でもそのまま置いておくとハッカ油と水が分離して透明に戻ります。

>

ハッカ油スプレーの作り方と万能すぎる効果!保存方法もチェック♪

マスク用ハッカ油スプレーの作り方 [材料] 水道水(精製水でもOK) 100ml ハッカ油 2~8滴(初めは2~3滴。 ネズミを追い出すポイントは【入り口を塞ぐ】 ハッカスプレーを使用してネズミを追い払っても、 その効果が切れてしまうと再びネズミが帰ってきてしまう可能性があります。 「網戸に虫よけとして吹き付ける用のスプレー」とか• 「お掃除用スプレー」とか「ゴミ箱の消臭用のスプレー」とか… 直接肌に吹きかける用ではないハッカ油スプレーは、普通に水道水をジャーっと入れて使ったりします。 忘れてはいけない事はハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かしまうので、ポリスチ レン(PS)の使用している場所はないか確認します。 手作り化粧品とかも同じく精製水を使いますよね。 靴の消臭• まあ大体の分量でいきました。 ハッカソウといわれるとピンとこない人もいるかもしれませんが、ハッカソウとはいわゆる『ミント』のこと。

>

ハッカ油で虫除けスプレー!作り方は簡単コスパも良い!

天然由来の成分で作られているため、家庭で安心して使用することができますよ! 後ほど、ハッカ油スプレーの作り方や活用方法も紹介しておりますので、お楽しみに。 慣れたら8滴までOK) 無水エタノール 10ml スプレー容器(100mlが入る容器) [作り方] 1. ハッカ油の効果 ハッカ油スプレーによって得られる代表的な効果といえば虫除けです。 炭酸水の成分が窓ガラスの汚れを浮かばしてくれるので、ただ水拭きをするよりも汚れをきれいに取り除くことができます!さらに、ハッカ油の成分の中にメントールがかなり含まれているため、カビの増殖を自然に抑えることができます。 そのため、思わぬ隙間がネズミの侵入経路となっていることがあります。 ドラッグストアーで全部そろいます。 (すごい!) わたしが研究&実験したわけではないので、ハッカ油でO-157の食中毒を防止できるかどうかはわかりませんが、まな板を清潔に保つことはできそうですね^^ 覚醒作用 ハッカ油は神経を落ち着かせたり、ストレスや眠気にも効果があります。 既にネズミが侵入したり住み着いたりしているならば、 ネズミの糞尿、齧った跡などのラットサインを見つけることで、巣やネズミの移動経路を推定することも可能です。

>

ハッカの効果とハッカ油スプレーの作り方|応用できる超ストロングなハーブの話

ぜひ、試してみてください。 ハッカ油を使う時に注意する事は 「原液を肌に直接つけない」 スプレーで効果があるのなら直接つけた方が早く感じ、爽やかな香りから眠気覚ましや 気分もリフレッシュしやすいのではと感じるのですが、効果がきつすぎて体調を崩した り肌荒れの原因になります。 — ミカマヒナ micamahina 爽快・快適のようですね。 家の大きさや構造などによって侵入経路の数に違いが出てきますので、その点を踏まえた上で作業時間が前後することに留意しておきましょう。 反対に、アブラムシ、てんとう虫、バッタどには ハッカ油は効かないそうです。 無水エタノール(99. 無水エタノールに利用できるプラスチックは、 ポリエチレン(PE)、 ポリプロピレン(PP)、 ポリ塩化ビニルの硬質のみ(PVC・硬質のみ)。 ハッカ油スプレーをスタートに、より快適で自然に優しいライフスタイルを実現してみましょう。

>

ハッカ油スプレーの作り方と使い方は?夏場のマスクも爽快!

ポイントは化粧水に混ぜて使うことです。 無水エタノールは分量を調節できない容器に入っているので、スポイトがあると入れるのに便利です。 また、やりすぎの場合はひりひりと痛む場合もあるそうなので、スプレーではなくハッカ油の原液で使う場合は、特に注意が必要みたいですね!目に入ったりした場合もすぐに洗ってください。 とても爽やかな香りが部屋中に充満し布団やカーペットからの痒さも治まってくるは ずです。 約100ml分のハッカスプレーは、このレシピで作ることが可能です。 道具の実費も、 塞ぐ作業を行う箇所が多く範囲が広いほど高くなっていきます。 ネット情報を元にしたハッカ油スプレーですが効果のほどをこの週末のキャンプで試してきます。

>

手作りハッカ油スプレーの作り方!

ただの風より清涼感のある風になり体感温度が下がります。 1日2〜3回、スプレーする ハッカスプレーの においが持続するのは、6時間から12時間です。 ハッカ油の濃度はそれぞれの肌の強さや好みで調整します。 さっそくハッカ油スプレーを作ってみよう それではいよいよハッカ油スプレーの作り方をご紹介します。 スプレーにすることで、 手軽に使うことができるだけでなくコスパもよくなりますよ! ここでは様々な用途に使えるハッカ油スプレーの作り方を紹介します。 効果の違いはほとんどありません。

>