鋼 の 錬金術 師 フルメタル アルケミスト。 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST|キッズステーション

電気屋で買い物をする時、働いて給料をもらう時、無料でポイントカードを作る時だって等価交換が成り立っています。

そのため使役するホムンクルスや計画に必要な人柱などの自らにとって有益な者ならある程度厚遇するが、そこに情までは抱いておらず、意に背かれたり不用とみなした時点で躊躇なく切り捨てる(離反したグリード、終盤のプライドや人柱など)。

修行は徹底的なスパルタであり、作中ではエルリック兄弟がたびたび当時の過酷さを思い出して打ち震える描写がある。

部下達についても「強欲」ゆえに自身の所有物と言い放つが、それ故に単なる駒として見ず、守ろうとする。

第52話および第61話では挿入歌として、第63話ではエンディングに使用された。

後にグリードとなる。

つまりは、「真理」とか「真理の扉」とか「神」とか「魂」とか「」とか「」とか、そういう形而上に属するような概念について少々説明が弱く、最終決戦で「神とやら」に同化する フラスコの中の小人ですが、その「神とやら」が一体何なのか、なぜああいう形でなければ同化できないのか、逆にああいう形ならなぜ同化できるのか、そもそも とはなんだったのか、なぜあいつは生まれたときからについて熟知していたのか等等、一旦考え出すとうむむと唸らざるを得ないような点が多々あると思うのですな。

マスタングとハボックに重傷を負わせ、さらに懐まで侵入したバリーを破壊し、アルフォンスとホークアイを追い詰める。

アニメージュ2003年12月号のインタビュー記事より。

アニプレックスから映像ソフトが発売される他作品のBlu-rayが基本的に完全生産限定版のみであるのに対し、本作はDVDと同様に通常版でも発売されている。

「約束の日」の後、最終回では子持ちになっている。

アニメ制作は引き続きボンズが担当し、世界観やキャストも本作に準じているが、スタッフは一部が本作から変更されている。

家族を溺愛しており、所構わず家族の写真を見せびらかしたり、娘自慢やのろけ話のために軍の回線を公然と使用するなど、極度の親バカ・愛妻家 そのためか自分の妻と娘を合成獣の錬成の材料として使用した後に傷の男(スカー)に殺害されたタッカーの遺体を目にしたときには「神罰が下ったんだろうよ」と同情の態度を一切見せず怒りを露わにしていた。

37