終末 の ワルキューレ アダム。 【終末のワルキューレ】ネタバレ・感想 勝敗まとめ

[ネタバレ注意]『終末のワルキューレ』第2巻|呂布 VS トール決着!次はアダム VS ゼウス!

。 第2試合 アダムVSゼウス戦について 2-3巻 リンク 第2試合、まず驚いたのがラスボス扱いと思っていたゼウスがもう登場してくるところ。 にしても神々も人類も 錚々たる顔ぶれです。 言動もどこか飄々としてはいるが、「裏切り者か」を疑われた際には、 「だったら何?」 と、したり顔で返したあたり、腹に一物抱えてはいる様子。 呂布と言えば赤兎馬でしょ!ハハーン、これに乗って逆転のながれだな!と。 しかし、人器であるはずの文字盤は、ヘラクレスの腕を切り落とします。

>

『終末のワルキューレ』全話ネタバレまとめ。最新話まで随時更新中です。

結局この巻では、小次郎の試合はまだ始まらず。 鋭利な刃物で事件は起こされており、また被害者が解剖されていたりしました。 また、本作登場予定のはネット上で度々話題に上がるほどの戦闘力を持っているが、実のところ日本の偉人・英雄バトルものにおいてが登場する事は前例がなかったりする。 そこに佐々木小次郎が名乗りを上げ、ブリュンヒルデは死してなお剣の道を究めた小次郎に一縷の望みをかける。 ここで、なるほど!さすがの呂布!名前に恥じぬ強さ!これは呂布の勝ちと思いました。

>

神VS人類の闘争出場者決定!終末のワルキューレがとまらない2

総合力ではの方が強いらしいが、純粋な強さでは呂布に軍配が上がると本人が評している。 身の丈ほどの長い刀の物干し竿を愛刀とし、相手の攻撃を返して切りつける燕返しという技を使います。 覚醒トールマンマーで絶体絶命となった呂布 愛馬である赤兎馬の力を借り、最後の反撃に出ますが トールの渾身の一撃の前に粉砕 第一戦は神であるトールの勝ちとなります。 まさにスパルタ…。 彼は貧弱な肉体にも関わらず正義を体現する漢だった。

>

【終末のワルキューレ】アダムが最強!意外な神器と魅力は?

水を打ったような静寂。 しかしアダムは天を追放された事に憎しみはない。 『中華最強の英雄』 中国の歴史書『三国史』に名を連ねる最強の猛将。 が、小次郎はいくら強くても他者から学ばず孤高でしかないポセイドンを哀れと断じる。 外部リンク• 宮本武蔵と巌流島で戦い、それに敗れて命を落としました。

>

終末のワルキューレ3巻のネタバレと無料で読む方法

神側の戦士は半神半人のヘラクレス。 壮絶な殴り合いの末、最後はゼウスが耐えきれずに尻をつくものの、アダムが殴り合いの最中に既に死んでいたことが判明し、試合は神側に軍配が上がる。 2.1回戦 トールvs呂布 ラグナロク 1回戦は 北欧最強の雷狂戦士(バーサーカー)のトール 三国志史上最強の武将である呂布奉先 の戦いとなります。 単行本2巻9話のネタバレ ゼウスは亜光速に匹敵するパンチ『黄昏流星群』を放つ。 聞いたことある方も多いんじゃないでしょうか。 単行本7巻27話のネタバレ アレスは弱気になるが、そんな彼をゼウスが殴りつけ叱咤激励。

>

神VS人類の闘争出場者決定!終末のワルキューレがとまらない2

天下において己の最強を悟り、退屈になってしまい絶望。 スルーズ 戦乙女の三女。 つまり始めから全員が勘違いをしていたということですね。 あらゆる攻撃をすぐさま模倣する「神虚視」によってアダムは優位に立ち回り、その強さを認めたゼウスは最強形態「阿陀磨須」で対抗する。 ゼウスのノックアウト負けと思われた瞬間、 ゼウスは立ち上がり最終形態「アダマス(阿陀磨須)」に変化します。 Contents• 新陰流開祖。 まとめ アダムとゼウスという、他の ラインナップと比べて見る限り、 一番のビッグマッチだっただけに トール達よりも多くのページが 割かれました。

>