カッチーニ アヴェ マリア。 カッチーニ「アヴェ・マリア」【解説と名盤、youtube動画】

エウリディーチェ(第2作) Euridice (1602年) ただし、最初の2作品は他の人物の曲が含まれている(最初の「エウリディーチェ」は大部分がの曲である)。

ローマで彼は、、を習い、歌手としての名声を博しはじめた。

祈り、ロマンティック、哀愁に満ち、暗く深い悲しみ、ドラマティック、恐怖、嘆き、慈愛、希望、天上界の楽園、癒し、と様々に聴こえます 第4回日本演奏家コンクール全国入選
皆様はどんな推理をなさいますか? それでは それが人気を得て広まったため、現在カッチーニと誤認されたまま有名になっています
ヴァヴィロフ本人も、作品の出来不出来の批判を受けない 原曲の 「カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲」はこちらの記事でお聴きいただけます
カッチーニのアヴェマリア 「カッチーニのアヴェマリア」は、ウィキペディアによると、 「実際には1970年頃ソ連の音楽家ウラディーミル・ヴァヴィロフ Vladimir Vavilov 1925-73 によって作曲された歌曲である 「カッチーニのアヴェマリア」は、左手のピアニスト・舘野泉氏のリサイタルに行った友人から教えてもらいました
シューベルト作曲 アヴェ・マリア『エレンの歌 第3番』. 第12回日本クラシック音楽コンクール東京本選第1位 ご自身の作曲した作品を、有名な作曲家 主にルネッサンスからバロック期 の作品として発表することが多かったと言います
44
重要人物の出家や崩御などの厳粛な場面で使われており、次はどの場面でこの曲を聴くことができるかと吉松ファンにとっては期待が高まるそうです。 初めて聴いた人の琴線(きんせん)にも触れ、どのような楽器で演奏しても美しいため、さくら葬祭では数多く取り上げています。 モノディー様式の代表的な音楽家の一人として知られる。 録音も楽譜も90年代半まで知られていなかった。 音楽と影響 [ ] スタイル・レチタティーヴォ( stile recitativo)と呼ばれた新たに生み出された形式は、フィレンツェだけでなく、イタリアの他の地方でも評判になった。
47