救命 の 連鎖。 救命の連鎖

傷病者の命を救い社会復帰に導くために必要な一連の行いを「救命の連鎖」といいま す。
急変した傷病者を救命し,社会復帰させるために必要となる一連の行いを「救命の連鎖 」といいます いずれにせよ、速く・強い胸骨圧迫、そして胸骨圧迫の中断時間を最小限にすること、過換気を避けることは、これまで同様に重要なスキルです
4-1. AEDは電極パッドを胸部に貼ると、自動的に心電図を解析して電気ショックが必要かどうかを判断する機器です 一般の方が、救命の連鎖を支える重要な役割を担っているのです
また、急性心筋梗塞や脳卒中の初期症状に気付き、少しでも早く救急車を要請するこ とがとても重要です すぐには生命にかかわることはないにしても、けがや病気(例えば、出血・ショック・頭痛・胸痛・腹痛・痙攣や傷・骨折・熱傷など)そのものが重症であった場合、その対処の仕方によっては、症状が悪化し、ついには生命にかかわることもあります
2つ目の輪 「早期認識と通報」 突然倒れた人や、反応のない人をみたら、ただちに心停止を疑うことが大切です はじめに 救命の連鎖とは 「救命の連鎖」とは、傷病者を救命し、社会復帰させるために必要となる一連の行いのことをいいます
これによってAEDによる心拍再開の効果が高まりますし、後遺症を残さないことにも役立ちます 一方で、深すぎる胸骨圧迫は合併症を引き起こす可能性が高くなるため、6cmを超えないよう推奨されています
2.応急手当を行うには? 講習会に参加して応急手当の技術の習得を 傷病者を救うためには、何よりもまず、多くの人が応急手当の知識と技術をもつことが必要です 胸骨圧迫は、「強く、速く、絶え間なく」行うことが重要です
パッドを貼る場所は、パッドに図で表示されているので、図のとおり傷病者に貼り付けましょう 事業所では、傷病者を速やかに救護するため、組織的に対応する救護計画を樹立しておくことが望まれます
応急手当の技術は、自分で実践して身につけることが重要です 反応(意識)の確認をして、心停止の可能性があると思われた場合は、周りに大声で応援をよびます
上級救命講習では普通救命講習Iの内容に加えて、小児、乳児に対する心肺蘇生法や傷病者の管理法(搬送方法など)やその他の応急手当を学べます なお,119番通報を行うと電話を通して心肺蘇生などの指導を受けることができます
初期症状に、いかに早く気付き、いかに早く適切な対処を行うかが重要です 脳卒中の主なものには、脳梗塞とくも膜下出血があります
94
(写真提供:消防庁) Q「ショックは不要です。 。 この場合、心臓の動きを戻すためには、電気ショックによる「除細動」が必要です。 自主救護の必要性 震災や風水害等で、同時に多数の傷病者が発生したときは、平常時のように救急車を期待することは困難です。 傷病者が発生したらお互いが協力し合って救護活動ができるよう、普段から、近所の人に協力を求めやすい環境と態勢を作っておくことが望まれます。 そこでガイドライン2015(G2015)では、病院内心停止(In Hospital Cardiac Arrest: IHCA)と病院外心停止(Out of Hospital Cardiac Arrest: OHCA)とにわけて救命の連鎖が策定されました。 AED使用の前後には、心肺蘇生の実施が求められることから、「心肺蘇生」「AEDの使用」の2つの概念を統合しました。 知識・経験がなければ胸骨圧迫を 効果的な心肺蘇生を行うためには、胸骨圧迫や人工呼吸の方法を知る講習を受けておくとよいですが、講習を受けていないからといって、心肺蘇生を行ってはいけないということではありません。 自分一人しかいない場合も、まず119番通報をすることが推奨されています。
20