神 流川。 神流川概要

平成8年に漁協の組合長に就任以来、既に20年以上の月日が過ぎてしまいました。
加えて子ども達の『学習の場として、人格形成の情操教育の場として』神流川が活用できることを考えてみたいと思います このコンテンツの他のページ• 併せて、一定の条件下において家屋の倒壊・流出をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域として、「家屋倒壊等氾濫想定区域」を公表いたします
生和大橋()• のあたりから流れは緩やかになり、埼玉県に入ってを流れ、同町と群馬県の境界付近で烏川にする 神泉橋• 御鉾橋• 下流のダム湖からの戻りヤマメである「サクラマス」も見られます
古鉄橋(国道299号)• 神流川の本流域は人家も点在しアクセスも容易なので比較的安全といえますが、支流の奥には険しい地形も多くあります 五里霧中のような状況の中で何とか、協定書の調印に漕ぎつけ、その後ダム建設が行われました
須賀家 中山道から700メートルほど入った西金公会堂の先、立派な長屋門のある家が須賀家だ また、埼玉県各地で雨乞いが行われました
勝場百庚申塚 西暦では60の倍数が庚申の年であり、この塚は庚申の年である万延元年(1860年)に地元の人によって造られた 新焼河原橋()• 上里町金窪付近
平成9年~平成18年にかけて神流川の源流部である「本谷(ほんたに)」に東京電力の神流川発電所が作られ、巨大なダムが建設されましたが、このダムの完成を待ってダム直下流から約2㎞を利用して予約制・人数制限の「本谷毛ばり釣り専用区」を開設し、人気のスポットとなっています 東京電力の神流川発電所の建設が決まり、ダム工事の開始を前にした「漁業補償交渉」が最初の仕事でした
下流のダム湖からの戻りヤマメである「サクラマス」も見られます 須賀家は18世紀中頃から金久保村の名主を代々勤めた家で、地主でもあった
この先の道を右折し、少し中山道から離れるが、金久保村の名主を代々勤めた須賀家に立ち寄ってみる 庚申塔群の前の坂は「庚申坂」と呼ばれているらしい
下久保ダム直下の流域は三波石峡と呼ばれ、合流するとともにの産地として知られる 高橋(国道299号)• 関連する情報. その後、大正9年(1920年)にも庚申塔が造られ、合わせて祭られている
12 84