Cla シューティング ブレーク。 メルセデス・ベンツ 新型CLA/CLA シューティングブレークが登場|6年ぶりのフルモデルチェンジ

これだよこれ、これがメルセデスだよね! という感じ ではでは
乗り味の上質性は、シューティングブレークの250・4マチックがCLAの中でベストである なんとかしてほしいですね
後席はやや閉塞感があるが、それでも大人2名に十分なスペースがある CLA 250 4MATIC CLA 250 4MATICに搭載される2. 高速クルージングでの安定・安心感は印象的なほど
超コンパクトなボディの中に驚くほどのスペースユーティリティ、どんな道もスイスイ走れる抜群の取り回しやすさ、さらにメルセデスの最先端技術を駆使した高度な安全性能を兼ね備えたsmartの4人乗りモデル ラゲッジルームは通常時で495L(VDA方式)を確保するとともに、後席バックレストを倒すと通常時の約2. 当初は、ディーゼルのCLA200dとガソリンのCLA250 4マチックという、上位機種にあたる2. なかなかイイ
高いアジリティ 新型CLAのトレッドは、先代モデルからフロントが63mm、リアが55mm拡大し、メルセデス・ベンツの前輪駆動プラットフォームを採用している全モデルの中で、最もスポーティなドライビング特性を獲得している サーフィン歴は20年超
73 21
試乗車はそんなにうるさくなかったような気がするので、コストカット後の車なので、静粛性もカットされたのかと思わざるを得ないほど。 そんなわれわれが、猟銃を積むためのクルマにピンとくるはずがない。 シャシー AMG A45と同じく、 AMG TORQUE CONTROLによる左右後輪への選択的なトルク配分により、ドリフトモードが可能となっています。 現在はもう乗り換えてしまったが、メルセデスの新作は今でも常にチェックしているし、このCLAシューティングブレークももちろん気になっていた。 後輪の追随性はハイレベル。 ラゲッジ容量は505~1370リッター(VDA方式)と旧型比で増えており、後席は4対2対4の3分割式。 お買得な本体価格設定とモデル末期の大幅値引きにつられ後席居住性には少し妥協してしまったが、いまならAクラスセダンにしていると思う。 乗り心地も全域で優秀。 1セットめを横にして手前に積載し、2セットめ、3セットめを横にして奥に積載。
35