マスク アロマ スプレー 作り方。 通勤に使うマスク用アロマスプレーを手作りしてみた

通勤に使うマスク用アロマスプレーを手作りしてみた

マスクはずっと鼻を覆ったままです。 風邪・ウィルス対策用におすすめのハーブ精油 風邪・インフルエンザウィルスには、カユプテ、ローレル、ラベンサラ、タイム、ゼラニウムなども有効らしいのですが、一般的に良く使われているユーカリとティートゥリーが使いやすい印象。 : 4滴• marimoはハッカ油にアロマを加えてスプレーを作りました。 ・・・・・1個• コットンにスプレーし、保存袋に入れる コットンにスプレーすることで直接マスクに液体をかけない方法です。 抗炎症作用• 手洗いは石けんを使って1分間。 ペットに向かってスプレーしないようにご注意ください。

>

マスクの消臭スプレーの作り方!精油の香りで気分もリフレッシュ!

ティートリー 「ティートリー」は、オーストラリアなどに自生する樹木で、清潔感に富んだ強い香りを放ちます。 。 スプレー容器(30ml)• 市販のマスクスプレーもあるけれど、 精油を使って手作りすることもオススメなんです。 ここで紹介していた数々の製品に関しても念のためご紹介しない事にしました。 マスクスプレーの作り方 では、さっそく作ってみたいと思います! 材料は左から ネロリの芳香蒸留水 10ml ラベンダー 1滴 ユーカリプタス・グロブルス 1滴 レモン 1滴 ベルガモット 1滴 ティーツリー 1滴 ちょっと画像暗くてすみません。 なので、事前にアロマスプレーを作っておく必要があります。 : 4滴• 鼻詰まりの不快感も軽減してくれるでしょう。

>

リフレッシュ!マスク用アロマスプレーの作り方や精油の選び方

エタノールが含まれているので、火の近くでは保管しないでください。 抗菌、抗ウィルス効果のある精油は、鼻づまりに役立つ成分を含んだものが多いので、マスクを通じて香りを嗅いで精油を吸い込むことで予防にもなり、鼻づまりを良くする効果も期待できるので一石二鳥のサポートが期待できます。 なので帽子をかぶる、水分を摂る、濡れたタオルをあてる、などの熱中症対策は別途しましょう。 1~2週間を目安にできるだけお早めにご使用ください。 「手作りのアロマスプレーについてですが、最近のアルコール欠品の影響で無水エタノールが入手できません。

>

感染症予防に!除菌ハンドジェルと抗菌マスク用スプレーの作り方

香りが製作時より変化した場合はご使用をおやめください。 ユーカリには色々なタイプがありますが、日常的に使うのなら刺激の少ない 【ユーカリプタス・ラジアータ】という種類がおすすめです。 手軽な香り付きマスクなら、邪魔にならないサイズです。 私は面倒がりなので、100ml容器に作ってから携帯用のミニスプレー3つに取り分けています。 今回は薬局でも手に入る材料と天然のアロマ精油(エッセンシャルオイル)を使って、お肌に優しいアロマ除菌ハンドジェルとアロマ抗菌マスクスプレーの作り方をご紹介します。 アロマオイルは濃縮されたものであるため、原液のままでは直接お肌につけることはできません。

>

マスクスプレーの作り方!アロマの香りでリフレッシュ・抗菌効果も [アロマテラピー] All About

遮光性のスプレー容器のまま、直射日光のあたる場所、小さなお子様やペットの手の届く所を避け、冷蔵庫などの冷暗所で保管します。 無印アロマディフューザーとアロモアミニ徹底比較しました。 コットンがちょっとケバケバしてるけど、気にしないで!! ティッシュでもOK。 新型コロナウイルスに関しては 、 を参考にしましょう。 05mLです。 マスクと共存するために、少しでもスッキリした気持ちで過ごしたいものです。 1ヶ月を目安に使い切る 今回、わたしはラヴィンツァラを使って アロマ・マスクスプレーを作ってみました。

>

感染症予防に!除菌ハンドジェルと抗菌マスク用スプレーの作り方

抗菌・抗ウイルス作用のあるユーカリやペパーミントスプレーにレモンやレモンバーベナなどのさわやかな香りの精油を使用すると気分もよくなります。 毎回すぐにお申込みいただき、継続開催中。 ご使用後は必ずキャップをきちんと閉めてください。 ペットがいる空間での使用は控える。 私も自分の手作りに飽きると、天然精油を使っている市販のマスク用アロマスプレーを購入して使うこともあります。 万が一飲み込んでしまった場合は、専門医に相談してください。 シャスタから始まった魂の旅は、スペイン巡礼、熊野古道、アッシジ、 ルルド、ハワイへ。

>

自分で作ればわずか100円/本!! この季節に大活躍の「マスク用スプレー」の作り方

私も通勤時はマスクをつけて電車に乗っています。 ユーカリプタス・ラジアータ:1滴• そのため取扱店によって品質がピンキリ。 また、この成分は鼻づまりや痰などの粘液を溶解する働きも持っているので、つらい花粉症の鼻づまりにも役立ちます。 また顔に精油が触れた場合、日焼けにおけるシミの原因にもなりかねないので注意が必要です。 お持ちの方も多いかも? それでは、 アロマ・マスクスプレー作り方をご紹介しますね 用意するもの• まぁ内側も触っちゃだめですよね。

>

ハッカ油入りアロマスプレーで涼感マスク生活

ただし、マスクに精油を直接垂らすとマスクにシミが出来て見た目に気になる方も多いので、今回はマスクにシュッとできる「アロマスプレー」の作り方を紹介します。 2週間を目安に使用しましょう。 風邪の主な原因菌の30%以上を占めるライノウィルスの次に多い原因とされるのがコロナウィルスで風邪の原因の10%~15%だそう ローレルは月桂樹、ローリエとも呼ばれ料理用ハーブとしても有名ですが、インフルエンザウィルスなどの呼吸器系ウィルス感染症に有効だそうです。 ウィルスの除菌はできないけれど、消臭効果は期待できます。 他の材料は、そのまま直接塗布してください。 なので、手に使いたい時は、 ウォッカやバスオイルの変わりに グリセリンを使うとよいです。 スプレー容器 100均で売っているものでも大丈夫ですが、オススメは遮光のガラス器。

>