アメリカ 先物。 海外先物を学ぼう!!

米国の大統領の任期は4年間ですが、株式市場のパフォーマンスは就任して最初の年が一番悪いことが知られています。

要するに、さらに相場が悪化するという考えのもとに大量の売りポジションがあったことが、一時的な株価急上昇を生む、ということになるのです。

上に幻のSQが出れば、は弱いとされています(つまり、SQの日に、日経平均株価より上にあるSQ値に日経平均株価がタッチしなかったら相場は弱いとされています)。

オプション取引は、都合のいい取引ですので、都合のいい権利を提供してくれる人が必要です。

この場合、買いの未決済のものですので「買い建玉(かいたてぎょく)」といいます(あるいは買いの未決済の残高ですので「買い残(かいざん)」ともいいます)。

簡単に言うと、将来のモノの取引です。

マーケットスピードの「市況情報」で確認できます。

海外先物取引の種類 海外先物取引は主に以下の4種類があります。

そのオプションを売ったり買ったりすることを「オプション取引」といいます。

ひょっとすると副作用のリスクもあるかもしれません。

それぞれの頭文字をとって、GAFAM(ガファム)と呼ばれています。

とくに海外商品先物取引は、それぞれの商品(コモディティ)に特有なファンダメンタルズ(経済の基礎的要因)の影響を受ける等のリスクがあります。

もちろん、バイデン新政権がコロナ禍をどこまで収束できるのかという点も不透明です。

(後述の今後の予想・見通し部分もご覧ください) 米国株の現在の注目銘柄 続いて、米国株の現在の注目銘柄を、次の4つの項目に分けてご紹介します。

52