犬鳴 トンネル。 犬鳴村の正体とは!?旧犬鳴トンネルに行ってきた!

画像:FBS福岡放送「福岡くん。

1988年12月7日、ある事件が起きます。

丸投げ 夫が旧犬鳴トンネルに行ったのは今から25年以上前。 それは今もなお江戸時代からの風習が続く犬鳴村の存在を現しているような気になってしまいます。 確かにこれだけの「セダン」や「日本国憲法~」の看板など、現在に至るまで多くの目撃情報が後を絶たないのに疑問が残ります。 この不気味なトンネルこそが、日本屈指の心霊スポットとして知られる福岡県の「旧犬鳴トンネル」。 一方で宮若側旧道は車の通行が規制されているが、犬鳴山の河原之河内(かわらんこうち)登山口から熊ヶ城に続く登山道が敷設されているため、登山者であれば通行は可能となっている。 見ての通り上から落ちてきた水滴で水たまりができています。 その峠からさらにトンネルを進んだ所にこの犬鳴村が存在する。
41

犬鳴峠とはよく言ったもので道は荒れ果てており危険です。

JR九州バスで馬出から白木橋まで約40分ほど。

犬鳴峠の古称は久原越えと言われ、江戸時代初期、-(年間)に道が開かれたと言う事であるが、より初期ごろまで地元民からは重要視されていない峠道であったらしい。

犬が鳴いて危険を知らせたものを、誤って撃ったことに猟師は後悔した。

あと、 猫塚峠もあるそうですがどんな場所でしょうか? 以下、回答です。

そもそもの「犬鳴」とは一体どういった意味なのか。

そこにいるだけで冷や汗が出はじめ、背筋にも寒気が。

ふたりによって犬鳴トンネルにまつわるエピソードが紹介されます。

いずれにせよ、読み方は「 いぬなきとうげ」です。