消費 税 申告 書 付表。 消費税申告書等用紙

1-1.消費税申告が必要な場合 消費税の準確定申告は、被相続人が 課税事業者(消費税の納税義務がある事業者)である場合に必要となります。

詳しくは、をご覧ください。

簡易課税用申告様式 区分 申告書添付書類名 左記書類の概要 申告書 消費税及び地方消費税の申告書で、確定、中間(仮決算)、還付及び修正申告をする際に使用します。

1、簡易課税制度を選択しており、かつ、基準期間の課税売上高が5,000 万円以下である事業者 掲載様式は、当事務所作成 エクセル自動計算ファイルにて作成したもので、このファイルは必要事項の入力を行うことにより、自動計算にて当該様式を作成します。

なお、注書き3がない付表1-1を利用し、提出いただいても構いませんが、その際、上記事象に該当する事業者の方は、付表1-1の作成に当たって地方消費税の計算方法(端数処理)にご注意ください(具体的な記載方法については、「」をご確認くださ この付表は、その課税期間中に旧税率(3%、4%又は6. 申告に係る課税期間に新税率(6. 元号の改訂がありますが、大きな変更は見られません。

消費税の申告は、一般的に、下図のように申告方法や経過措置の有無により使用する様式が異なります。

)の税込価額を税率の異なるごとに区分して合計することにつき困難な事情があるときに使用することができます。

8%)が適用された取引のみを行う場合)は、付表1-1における地方消費税の計算方法(端数計算)が、旧税率が適用された取引がある場合と異なるため、付表1-1に注書き3を加えた様式を掲載しております。

(注1)申告書を提出される方は、該当する付表を添付してください。

22

このため、消費税申告書・別表や付表においても、いついつ以後終了(開始)課税期間分などと表示され、申告を行う課税期間により作成する様式が異なることになります。

確定申告書には一般用と簡易課税用の2パターンがあり、被相続人が原則課税(本則課税、一般課税ともいいます。

付表5-3 申告に係る課税期間に旧税率(3%、4%又は6. 消費税一般(本則)課税申告書第一表 内訳書 第二表 付表1-1 税率別消費税額計算表兼地方消費税の課税標準となる消費税額計算表 付表1-2 税率別消費税額計算表兼地方消費税の課税標準となる消費税額計算表(経過措置対象課税資産の譲渡等を含む課税期間用) 付表2-1 課税売上割合・控除対象仕入税額等の計算表 付表2-2 課税売上割合・控除対象仕入税額等の計算表(経過措置対象課税資産の譲渡等を含む課税期間用). 確定申告書で税額計算を行い、付表で控除対象仕入税額の計算をするという事になります。

消費税率が8%、10%、軽減税率があります。

1.対象事業者 … 前々年 個人 又は前々事業年度 法人 の課税売上高が5千万円以下の事業者 2.適用期間 … 軽減税率制度の実施から4年間 3.内容 通常の連続する10営業日の売上管理によって「標準税率の売上割合」と「軽減税率の売上割合」を算出して、その割合を全課税期間に適用する。

A 令和2年分の消費税及び地方消費税の確定申告をする必要がある方は、次の方です。

通信日付印により表示された日が提出日になります(詳しくは「」をご覧ください。

(注)申告書自体は国税部分だけを計算するので 旧税率、新税率ともに国税だけが表示されています。

その他の付表、計算表(使用した場合は、消費税及び地方消費税の申告書に添付してください。

)の税込価額を税率の異なるごとに区分して合計することにつき困難な事情があるときに使用することができます。

18