バカリズム 相田 みつを。 有吉だませたら10万円という番組で、あいだみつをの詩かバカリズム...

ゲストの方が番組のために問題Vを考えて、出題内容を考えて挑んできている。

思春期の頃は恥ずかしかったです。

生まれた場所とか環境が本当に酷い状況だったら、ほんっとうに素直にまっすぐ育つかな?」 まばたきせず、バカリズムが持つフリップを見つめる。

続く2問目はこちら。

童貞イジりについては、出演者二人の共演歴がかなり長くて、他局の番組でも同じイジりを何度もして、バラエティとして消化できているという判断で放送した。

「これはね……。

89
学校で子どもたちのいじめのネタになりそうな、そんな際どさもある さて先ほどの1問目
市川猿之助さんは、騙し方も上手いし、何か人間力みたいなものが出て面白かった バラエティの諸君にはぜひ、クオリティの高い下品をやって頂きたい
そんなときに「勝つことは だいじなことじゃない」と書くのは、とても勇気が必要だったはずだ コンビやトリオの人は、相手がいるのはいいなと思いますね」 秋山「『(練習)やろうよ』とかないんですか?」 バカリ「ないよ
レコチョク、カラオケDAM、USEN、オリコン[…]. 無意識のうちに共感する術に触れていたんです 近藤真彦の「約45年ぶりの跳び箱、できる?できない?」には散々悩みつつ、「マッチさん体力的に若いからな」「これできないマッチさん見るの嫌よ!」とコメントして、「できない」の札を躊躇なく上げるなどしていた
「泥水で育っても……」と、ゆっくり復唱し「……果たして本当にそうか?ってことだよね」とつぶやく (井上マサキ タイトルデザイン/まつもとりえこ). さて先ほどの1問目
バックナンバーはこちらから 21日放送『有吉ダマせたら10万円』(系列)を記録に残しておきたい あらかじめ多くの問題を用意しておき、場の流れに合わせて最適なものを出しているのだ
でもだからこそ「負けることは たいしたことじゃない」と言わないでほしい、とも思う 苦悩した果てに選択したのは「相田」
FD:及能貴之• 『空を見上げて』 相田みつを・心の詩2 ダイヤモンド社、1995年 「あいが始まると 最後はわをんと 泣くんだなあ」 実は『有吉ダマせたら10万円』は特番として3回目の放送であり、この「相田みつをorバカリズム」は初回からずっと行われている
78