ハイエース 車 中泊 仕様。 ★ハイエース車中泊仕様の車検問題

この車は20年前の車でとても古いモデルの為、今となっては街で見かけることはあまりないでしょう。

うちの場合、支柱を追加したりしているのでその逃げなども作って、これまでの使い勝手も削がれないようにしました。

色温度については6500Kよりさらに上の8000Kとかもありますが、白を飛び越えて青白い感じになっていきます 私は仕事場の車がハイエースのワイドを使っているのですが、ワイドと標準を乗り比べた時に、サイズ的にはたった20センチほどの差なのですが、ナビ1つ分くらいの幅の違いが、運転にかなりの心的負担をかけることを実感します
重量も50㎏未満に抑えられているので、車検時に取り外さなくても(ベッドだけなら)大丈夫です といって、カスタムショップでシートアレンジを頼んで構造変更した形で車検を通してもらうとなればかなりのコストがかかります
荷物は積んだままでも車検上は問題ないんです 釣りに限らずバイクや自転車、趣味の道具や荷物を載せて移動できるようにカスタムされたバンは「 トランポ( トランスポーター)」と呼ばれています
C:ボルトとナットにより固定 ーESフック ボルトとナットにより固定することで、フロアや壁、バックドアなどさまざまな場所に取付けることが可能です バンライフをさらに便利にしてくれるオリジナルグッズ そんなアイズでも1番人気のアイテムが、この『マルチシェード』
今まで車検に引っかかったことはないので安心していればいいはずなんですが、やはり少しドキドキしてしまうんですね(笑) うちのは3型DX 3000ccディーゼルターボ4WD ブログのタイトルにもなっていますが、ナローボディでも家族4人で快適なバンライフを送ることができます
奥さんがハイエースを運転していると、よくすれ違う車の人が2度見していくらしいのですが、女の人がハイエースを運転しているとやはり「大きな車をよく運転しているなあ」と珍しがられるようです 鋼製束なら1本でも2トン以上のものを支えられます
今回ご紹介する架装車• 近くに専門店がない場合にも便利です
現在のハイエースの主流は、新車、中古車とも2004年にフルモデルチェンジを果たした200系です 4ナンバーは毎年車検があり、そのたびにこうして少しだけドキドキがあるのが、ナローボディハイエース車中泊仕様の宿命です
仕事場のワイドボディのハイエースがしょっちゅう左の後ろを電柱にこするという小さな事故があるんですね つまりナローボディでも4名就寝は可能です
車検前にキャリアとソーラーパネルを外すか迷ったのですが、まあ、何か言われたら外そうと思い、そのまま出しました 夏の暑い日ざしからも守ってくれます
海や山に出かけたくなる夏は、車中泊仕様のハイエースが大活躍する季節 ワゴンのフルフラット式シートに合わせるなら大きくて厚みがある方がいいですし、バンのベッドキットの上に敷くなら薄くても十分快適になります
94
自宅のガレージにて、実際に一晩寝てみました。 連泊の釣りやイベントでもしっかり休めるように、車中泊設備も充実しています。 うちのように家族4人でバンライフされる場合は、乗り心地に関してはSGLを選ぶほうがいいと思います。 この手の車であまり値段が安いのは、事故歴がある可能性もあるので、要注意です。 その上で電気毛布と冬用の布団をかぶれば、普通に車中泊できるはず。 自由に寝返りが打てるがいいですね。 クルマがマイルームに早変わりする、便利な跳ね上げ式のベッドキット。 音があまり気にならない人には扇風機も有効です。 ハイエースのノーマルは215-80R15ですが、どうしてもホイールを16インチにしたいというこだわりがないなら、できれば15インチのままのほうが良いと思います。 4ナンバーサイズと言えばノアやヴォクシーと似たようなサイズ感。
1