東京オリンピック中止しろ。 東京五輪の開催中止を求める署名はこちら

国民が注目しているのは、 「いつ決まるのか」「中止の可能性はあるのか」です。 SNSでも中止デモや署名活動が展開されている。 前記した問題の解決策を行ってからオリンピック・パラリンピックのことなのではないかと。 すなわち、 全体予算1兆6,440億円の約半分が消化されている状況だ。 「東京五輪は中止が決定している」 その根拠は以下の通りだ。 違約金・保険 予算案以外の経済的負担を考える上で、重要な存在はIOCだ。

医療機器だって足りない。

医療はどんどん進んでる中、一年でも離れたら感覚取り戻すのに時間はかかる。

しかしこれは開催の「直接費用」であり、たとえば開催に伴う道路整備や施設のバリアフリー化のための費用など「間接費用」は不透明だ。

そして残る3割は、 「選手や各関係の方々のことを考えると反対はしにくい。

一方で「日本側の判断で開催を返上した場合、日本側に損害賠償の可能性が生じる」とされるなど、中止による経済的負担や損失を指摘する声もある。

2