フォレスター スポーツ。 スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 真面目なスバルの憂鬱

また加速性能のみならず、インテリアやエクステリアの特徴や魅力も確認してみてくださいね。

いわゆるマイルドハイブリッドシステムで、モーターの存在感がない。

オンロードでの走りなら、RAV4。 5万円のオプション 全面ブラックになっている サイドバンパー部にもシルバーラインが施されています。 まず、エンジン音なんですが、あまり 聞かせる音という感じはしないです。 ターボ仕様独自の内外装が装備はないものの、エクスクルーシブモードと100周年特別記念車には、特別仕様車としての特別装備が存在します。 ) 動的質感の詳しい感想については後述しますが、この脚も手に入れてこの価格ってお買い得感高すぎるよ。 続いての不満点はCVT。 インテリアはブラックを基調とした洗練した空間で、足元や左右席間など随所に広々と使える工夫を施しています。 綺麗に連続的に速度に乗っていく感覚で、街乗りでも非常に扱いやすいパワートレインであると思います。 地面に這うような走りというよりは、路面を滑るように走るので走りはとても自然でスムーズ。 それを克服するためにオフセットシリンダーを採用したが、直列エンジン以外では非常に珍しい。
70 75