ピン ホール カメラ。 Drip Clip Art

Please remember to share it with your friends if you like. 反対にピンホールでは、感光材料の一点に来る光は、ようやく小さい孔を通過してきた、わずかな光(図1では一本の光)しか来ませんので、同じ化学変化を起こさせる為には、長い時間、弱い光を当て続けねばならないのです。

そして箱の内側に感光材を置くと、その一つの方向の光が感光材上に像を結びます。

より大きなカメラで大きな像を得ようとするほど、像は暗くなるが解像度は上がる• そのため、ピンホールカメラをはじめ各種の光学系では、理想的な場合でも解像度に限界がある。

レンズを使用せずに小さな針穴(ピンホール)を利用したカメラです。

【2.ピンホールだけで、なぜ写るのか】 まず初めに、なぜ物は見えるのでしょうか。

あるいは大光量のフラッシュを使うといった技法もある。

木の他の様々な部分から反射された光も同様にレンズで屈折されますが、それぞれ、フィルム上には対応した別々の場所に焦点を結びます。

49