宝塚 ライン ダンス。 産経新聞 ENAK エイッ、ヤァッ! 93期生、ラインダンスを初披露

現在の5組体制に 2001年1月 東京宝塚劇場が新装開場 2013年4月 初の海外自主興行として台湾で公演 2014年4月 宝塚大劇場で100周年記念式典(5日) *nippon. 一日も早く、マス […]。

12月に「宝塚少女歌劇養成会」に改称 1914年4月 新温泉内のパラダイス劇場で歌劇「ドンブラコ」などを初上演 1919年1月 宝塚音楽歌劇学校を創立。

プールにフタをして客席に、脱衣所は舞台となりました。 101期生のラインダンスは24日に宝塚大劇場で初日を迎える月組公演「1789-バスティーユの恋人たち-」(~6月1日)で披露される。 初舞台公演のラインダンスで毎年気になるのが、衣装です。 1918年には権威ある東京帝国劇場でも公演。 つまり、宝塚歌劇団に入団してから3年目までの生徒、いわゆる研究科3年までの若い団員がすることになります。 その公演でテーマとなっているものをモチーフとしたデザインになっていておもしろいですよ。 初々しいお姿を見られると組子さんではない私達でも涙が出てきます。 92期『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』 真風涼帆さん、彩凪翔さん、鳳月杏さんがいらっしゃいます。 お芝居が加わった振り付けというもので、チョウチンアンコウが出てきたりと、これがまた面白いものとなりました。 ちなみに初めてラインダンスが宝塚で披露されたのは1927年とのこと。
15 10 48