フェノ フィブラート 錠。 フェノフィブラート:リピディル,トライコア

動脈硬化の独立した危険因子とされコレステロールの一種リポプロテイン a を低下させる作用もあるようです。

添付文書には次のように記載されています。 一方で、HDLコレステロールなど ある種のコレステロールを増やす作用もします。 5mm 重量:722mg 識別コード:KTB 67 1錠中 AZ:2mg L-G:660mg 1日3錠を3回に分割経口投与 1錠が顆粒の0. 薬効薬理 改訂履歴 2018年10月 改訂 2019年11月 改訂 第3版 文献請求先 主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。 フェノフィブラートカプセル製剤の再審査終了時:使用成績調査3,431例中553例 16. 肝障害• 主成分が同じリピディルも同じ程度の効果があると考えられます。 高トリグリセリド血症の治療には、フィブラート系薬剤(この薬)を中心に、EPA製剤やニコチン酸誘導体が用いられます。 調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号 MBA を取得。 48%)であった. フェノフィブラートカプセル製剤の再審査終了時 12%)に副作用が認められた.主な副作用は,AST(GOT)上昇119件(3. 血液: 0. 一方で食後でも、中性脂肪が165以上だと絶食の数値ではなくても心筋梗塞や狭心症のリスクが上昇するというデータもあります。 • 6mgは微粉化フェノフィブラートカプセル製剤134mgと、また本剤160mgは微粉化フェノフィブラートカプセル製剤200mgと生物学的に同等である。
34
脂質異常症をなぜ治療しなければならないのか知りたい方は、「」 を一読してみてください。 3mgより開始する。 3mgより開始すること。 しかしジェネリックは、発売に当たって先ほども説明した「生物学的同等性試験」はしますが、有効成分を改めて探す必要もありませんし、先発品がすでにしている研究においては重複して何度も同じ試験をやる必要はありません。 一つは悪玉とされるLDLコレステロール、もう一つは善玉のHDLコレステロールです。 肝機能検査、腎機能検査、血液の検査が大事です。 相対禁止• 腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる患者に、本剤とHMG-CoA還元酵素阻害薬を併用する場合には、治療上やむを得ないと判断される場合にのみ併用する。
91