ピーエイ 配合 錠 効果。 【医師監修】ピーエイ配合錠が処方されるのはどんなとき?服用時の注意点は?

感冒の発熱の改善• プロメタジンは抗ヒスタミン薬と呼ばれ、ヒスタミンを阻害することで効果を発揮する薬です。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)1.妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与し、投与する際には、必要最小限にとどめ、適宜羊水量を確認するなど慎重に投与する。 抗ヒスタミン薬というのは、ヒスタミンという物質のはたらきをブロックするお薬の事です。 「総合感冒薬」という名称から、「風邪の時はこれを飲めばOK」と安易に考えられてしまいがちですが、このようなピーエイ配合錠の特徴を知った上で、本当に必要な時のみ服用を検討するようにしましょう。 2歳以上の幼児 2歳〜6歳• カンナビノイドは「脳内麻薬」とも呼ばれ、分泌される事で痛みを感じにくくさせます。 ピーエイ錠は1日4回まで使用できます。 2).血液:(5%以上又は頻度不明)チアノーゼ、(0.1%未満)*顆粒球減少、*血小板減少、*貧血[*:症状(異常)が認められた場合には投与を中止する]。 生活上の注意• アセトアミノフェンはAAP(アセトアミノフェン系)と呼ばれる解熱鎮痛剤で、体温調節中枢に作用したり、痛みに関与する物質に作用することによって解熱・鎮痛作用を発揮します。 アセトアミノフェンはこのような機序によって解熱作用を発揮すると考えられています。 多くのカゼはウイルスが原因です。
53

アリス薬局は零売制度を取り入れている薬局であるため、購入することができます。

15歳未満のインフルエンザ 0歳〜14歳• 安易な長期服用はよくありません。

例えば身体をぶつけたり身体にばい菌が入ったりすると、その部位が赤くなったり熱感を持ったり、腫れたり痛んだりという状態になります。

鼻、のど、熱、関節の痛みに効果があり、かぜの症状でありがちなものをひと通りおさえてくれる薬とのこと。

これにより、頭痛や発熱、筋肉痛などに効果があります。

もしかしたら副作用かも?と思ったので調べてみました。

ピーエイ配合錠の副作用を調査した報告では、かぜ症候群を対象とした臨床試験における副作用発現率は3. 長期間投与されている女性• 昼間はそれほど気にならないのですが、空気が冷えてくる夜に咳き込みが激しく、横になって寝ようとすると鼻がつまって眠れなくなったので仕方なく病院へ行ってきました。

〕 ( 7 ) 2 歳未満の乳幼児 ( 8 ) 重篤な肝障害のある患者〔本剤中のアセトアミノフェンにより肝障害が悪化するおそれがある. そこでヒスタミンの作用を抑えれば、くしゃみや鼻水を抑制できます。

42